[サッカー]
大野俊三「日本代表W杯メンバーの選考はノーサプライズ!?」

 まずは4月15日に亡くなられたダニー石尾さんのご冥福を心よりお祈りいたします。ダニーさんはJリーグが開幕した1993年からカシマスタジアムのスタジアムDJとして、熱いシャウトで試合を盛り上げてくれました。あの慣れ親しんだダニーさんの声をスタジアムで聞けないのは残念で仕方ありません。ダニーさんは鹿島アントラーズを愛し、支え続けてくれました。独特の語り口調と力強い声は、時が経てば経つほど味が出てきていたように思います。今は、お疲れ様でしたと言いたいですね。

リトルなでしこに必要な継続と進化

 さて、今月は嬉しいニュースもありました。リトルなでしこ(U-17女子日本代表)のU-17女子W杯優勝です。世代別のW杯で日本が優勝するのは男女を通じて史上初の快挙でした。選手の頑張りはもちろん、日本サッカー界をあげて、男女の育成年代の強化・整備を続けてきた成果とも言えるでしょう。

 女子サッカーの場合、小学校までは男子に交じってプレーするなど、環境はありますが、中学・高校になると、以前はガクンと受け皿が小さくなってしまっていました。しかし、現在は地域に女子クラブチームが増えつつあります。茨城県を例にとると、小学生から社会人までの選手が所属する「KASHIMA-LSC」という女子サッカークラブがあります。現在、INAC神戸レオネッサに所属する京川舞選手を輩出したクラブです。鹿島学園高校にも女子サッカー部が創部されました。このように、育成年代の女子選手がプレーできる環境が整備されてきたことも、日本女子サッカー躍進の大きな要因だと思います。

 今回、リトルなでしこはパスサッカーで世界を制しました。なでしこジャパンが11年ドイツW杯を制した時のサッカーと似ていましたね。しかし、諸外国もパスサッカーを取り入れ始め、なでしこも簡単には勝てない状況になっています。リトルなでしこの選手が今後も世界と渡り合っていくためには、パスサッカーをベースに、状況によって速攻と遅攻を使い分けられるようにならないといけません。パスを回して攻撃のかたちをつくるのか、縦に1本のパスを入れて一気に攻撃のギアを上げるのか。この使い分けを各選手が意識し、チームとして実践できるかが大事なポイントになるでしょう。

 また、今大会は圧倒的にボールを支配したことであまりクローズアップはされませんでしたが、日本の選手が外国人選手に当たり負けするシーンもありました。今後、外国人選手の体が出来上がってくると、フィジカル面の差はもっと広がるはず。その差を補うためには、さらなる技術の向上、判断のスピードアップが欠かせません。指導者、選手たちが共通の認識をもって、精進し続けてほしいですね。