雑誌
クルマのインパネまわりが急激に進化中!
コックピットはもうすぐこうなる!?

スマホの急速な普及などライフスタイルの変化、情報量の拡大などに合わせ、さらに大きく進化しはじめたクルマのコックピット。今後どうなるのかに迫る!

クルマのシステムやデバイスが急激に進化している現在、コックピットまわりも大きく変わろうとしている。ヘッドアップディスプレイ搭載車の拡大やエアコンやオーディオなどへのタッチパネルの採用など、続々と先進装備が搭載されているが、実際の実用性、将来性は? 今後、コックピットはどうなる?

ココが変わる! ヘッドアップディスプレイ
続々と搭載車拡大中!

新型アクセラでは、メーターフード前方に「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」を採用

今後、コックピットの変化に、大きな影響を与えそうなのが、ヘッドアップディスプレイ。ヘッドアップディスプレイは、フロントウィンドウや車両の前方を見通せる透明のスクリーンにスピードやカーナビなどの情報を投影するシステム。通常のカーナビやスピードメーターなどの表示に比べて視線移動を減らせるメリットがあるのが特徴だ。

国産車では過去に'88年登場のS13型シルビアや'91年デビューの初代クラウンマジェスタにも先代モデルまで設定。現在はプリウスやレクサスのGSとRX、HSに設定されているほか、今月デビューした新型アクセラでも一部のグレードで標準装備するなど採用車種が拡大しているのだ。輸入車ではBMWが1シリーズなど一部を除いてほとんどのモデルに設定している。

さらに、自動車部品大手のデンソーではカーナビのレーンガイダンスだけでなく、センサーが検知した前方の歩行者の存在を知らせる表示を行う大画面ヘッドアップディスプレイを開発しており、'15年頃の製品化を予定しているという。

カーエレクトロニクス市場では今後シェアが拡大すると予想されているヘッドアップディスプレイだが、自動車評論家の飯田裕子氏は今のところ、やや表示の見づらさが気になるという。

レクサスではGSとRX、HSにウインドウに映し出すタイプのヘッドアップディスプレイを設定。GSはカラー表示になっている

「視線を大きく動かさなくていいのはメリットですけど、私のドライビングポジションに合わないのか、見づらい車種があります。調整で見やすくなるのかもしれませんが、見づらいと通常のメーターパネルを見てしまうので、結局ヘッドアップディスプレイの表示を見ないことが多い。今後、ドライバーに合わせて自動でディスプレイの焦点を合わせてくれるような機能ができれば、凄くいいと思います。

ちなみに、新型アクセラのアクティブ・ドライビング・ディスプレイは見やすくて、カーナビの情報も表示してくれるのも便利でよかったですね」。

また、おなじみの国沢光宏氏にはヘッドアップディスプレイの必要性や将来性について聞いてみたところ……。

後付けの市販品もヘッドアップディスプレイは人気で、パイオニア(写真上/本体別で6 万3000円)やケンウッドではナビ情報を表示するディスプレイを最新カーナビに設定。カーナビの可能性を広げている

「目線をズラすことなく必要な情報を入手できることで、戦闘機や攻撃用ヘリコプターから採用を始めた技術。確かにカッコいいけれど、クルマの場合、そこまでのニーズはないと考えます。だからこそ10年以上前から採用されている技術なのに普及しない。今後は自動運転化になるし、走行速度も遅くなる傾向。ただコストアップなしで導入できるのなら、インパネから速度計をなくすことができるなど、面白い展開になると思う」。

確かに今のところ、オプション装着など高いお金を払ってまで装着したいというニーズは少なそう。ただ、安全システムとの連動などが進むと必要性が高まるはず。さらに普及するかは、コストを抑えて標準化されるかどうかがキーになりそうだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら