[野球]
佐野慈紀「メジャーリーガーを惑わす田中のピッチング」

 今季、ヤンキースに移籍した田中将大が日米の野球ファンを沸かせています。1年目からしっかりとローテーションに入り、現在、4試合に登板し、3勝0敗、防御率2.15。米国内での評価も、投げるたびに高くなっています。特筆すべきは球団新人最多記録の35奪三振に加えて、4試合で2つしか出していない四球の少なさです。いかに田中のピッチングが安定しているかが、一目でわかる数字ですね。

 好投が続いている最大の要因は、勝負球であるスプリットが高めに浮くことなく、低めに決まり始めているからです。正直、メジャーデビュー戦となったブルージェイズ戦は、このスプリットが高めに浮いていました。しかし、ここで田中の修正能力の高さが発揮されました。ポイントとなったのは、2試合目のオリオールズ戦。2回に3ランを打たれて以降、低めへの意識が強くなったと感じました。3試合目のカブス戦では、さらに意識したのでしょう。どの球種も、丁寧に低めに投げられていました。だからこそ、逆に言えば、高めのボールで空振りが取れるようになったのです。田中は左右のみならず、上下にもバッターを揺さぶることができているのです。

 スプリットが低めに決まり始めたことで、田中には打ち取るパターンが確立されつつあります。ファーストストライクを取って、早めに追い込み、スプリットで勝負する。あるいは、スプリットを意識させておいて、他の球種で勝負するのです。

 驚いたのは、ほとんど投げないカーブでも、簡単にストライクを取っていたことです。メジャー級のバッターなら、狙い球とは違う動きをしたボールでも、きちんと反応することができます。ところが、田中のカーブにまったく反応することなく、見逃したのです。それほど、バッターに考えさせている証拠。このまま順調にいけば、開幕前に予想した通り、15勝はいけるのではないかと思います。

 ただ、怖いのは疲労の蓄積です。周知のとおり、メジャーリーグのマウンドは日本よりも硬い。そのため、日本球界からメジャー入りしたほとんどのピッチャーは、順応することができなかったり、あるいは順応するためにフォームを変えたりしてきました。しかし、現在のところ、田中にフォームチェンジの様子は見られません。彼なりにマイナーチェンジはあるとは思いますが、大きくは変わってはいないのです。

 メジャーの硬いマウンドで、現在の下半身を使ったフォームで投げ続けた場合、おそらくシーズン後半になって疲労が蓄積されてくるのではないかと思うのです。その時に、どう対応していくのかが田中にとっては、本当の勝負かもしれません。