漁業生産組合「浜人」十三浜漁師 阿部勝太さん【前半】「十三浜から、次の世代のための漁業を目指して」
『東北発10人の新リーダー~復興にかける志』より抜粋

『東北発10人の新リーダー復興にかける志』第2章より抜粋

次世代のための漁業への挑戦

石巻市北上町十三浜は、国内最高級クラスのワカメを産出する地域である。東北の豊かな森を駆け抜ける北上川の河口に位置するため、豊富なミネラルを含んだ淡水が外洋と混ざり、海藻の育成にとって国内有数の最適な漁場を作り出すのである。

東日本大震災当時、十三浜も、他の三陸沿岸部地域と同様に津波により壊滅的な打撃を受けた。漁業再開のめどが立たない状況で多くの漁業者が撤退する中、存続のために五つの漁師の家族が一つになり力を合わせて立ち上げたのが、漁業生産組合「浜人」である。

浜人は、漁業協同組合や市場を通す既存の仕組みとの関係を維持しながらも、インターネットを活用した直販や都市部の消費者と直接つながることで、三陸の漁業に新しい風をおこし、着実に実績を上げている。そして、震災前から漁業が抱えていた後継者不足や漁業地域の過疎化などへの問題を改善し、次世代に漁業をつなげていくための挑戦を続けている。若い力でその変革をリードしているのが、阿部勝太である。

生い立ち

十三浜でも代々有名なワカメ漁師の家に阿部は生まれた。家業はワカメ漁、住まいはワカメの加工場に隣接している。小学生の頃から海での作業の手伝いは日常だった。中学生の時は、午前中はクラブ活動に参加し、午後からは海に出る生活を送っていたという。石巻商業高時代はオートバイで40分の道を通学しながら手伝いを続けた。長男の阿部が家の手伝いをするのとは対照的に、弟は早くから外に出ることを決めていた。

海で手伝いをする中で、祖父や父との間で阿部が漁業を継ぐことも語りあった。彼にとってワカメ漁を引き継ぐのはごくごく当たり前のことだったのだ。しかし阿部は、高校生のころに一度だけ進路で悩んだことがある。ヘアメイクアーティスト(美容師)に憧れを持っていたのだ。いつも一緒に仕事がしたいと言ってくれる祖父の言葉と、「跡取りが家にいない阿部家」になるのはどうしても避けたいという思いが錯綜した。

高校3年生時、迷った末に、阿部は漁業を継ぐことを決意した。そして同時に、漁師になる前に5年間だけ外を見る時間が欲しいと父親に頼んだ。阿部は当時をこう振り返る。

「漁師になるにしても、ただ漁師になるのではなく、業界で名をはせた人間になりたいという漠然とした野心がありました。そのためには、外を見る必要があると思いました。正直、石巻から出て遊びたいという思いもありましたよ。だけど、5年間の中で、漁師になるかならないかということで迷ったことは一度もありません。本当に5年間いろいろ見てみたかっただけ。迷うくらいなら決断していませんから」

阿部は仙台、名古屋と渡り歩き、5年かけてさまざまな人に出会い自身の知見を深めた。そして約束通り、何の迷いもなく十三浜に戻ってきた。東日本大震災の2年前のことだった。自分が信じた道を、自分が決めた道を迷わず進んでいく阿部の姿がそこにはあった。

「東北発 10人の新リーダー~復興にかける志」
震災から3年。被災地の東北では今、真の復興と新たな地域創造を目指して、多くの人が立ち上がり、さまざまな活動を実践している。中でも注目されるのは、次代を担う若い人材が続々と誕生していることだ。
本書では、主に20代から30代の若手経済人ら10人を紹介している。その活動や職業は実に多彩だ。
最先端の技術を使ってイチゴのブランド化に成功した例や、海産物の新たな流通モデルの構築に取り組む20代の漁業後継者、被災地で美容室を経営し雇用の場の創出にかける男性、地域の子どもたちに学びの場を提供する女性とその仲間たち…。
登場人物に共通するのは、単に従来の形の東北に戻すのでなく、新しい東北を作っていこうという「熱い志(こころざし)」である。若い彼ら、彼女らのバイタリティーに驚くばかりだ。
5人の著者は、ビジネスリーダーの育成に取り組むグロービス経営大学院の教官や学生。「新しい東北を作ることは今後の日本の在り方の先を行くこと。継続しながら、新しい力を」と代表の田久保善彦さん(経営研究科研究科長)。10人の若きリーダーたちの活動を通して、東北の可能性を探る。読んでいるうちに元気になる一冊。