雑誌
有名人がいまだから明かす「私が許せなかった人へ」【第6回】江本孟紀(野球解説者)から中西太へ「ベンチがアホ」発言いまからでも謝りたい
ベストセラー伊集院静『許す力』に学ぶ

江本孟紀(野球解説者)から中西太へ
「ベンチがアホ」発言いまからでも謝りたい

ベストセラー『大人の流儀』シリーズの第4弾『許す力』。発売3週間で早くも17万部に

忘れもしない'81年8月26日のヤクルト戦。この日私は、先発投手を任されていました。7回まで4対1とリード。ところが8回、1点を返され、その後もランナー2人を背負うピンチになった。私はどう切り抜けるべきか作戦を確認しようと、ベンチを見た。するとベンチにいた中西監督が、コソコソとダッグアウトの奥に入っていく姿が見えた。

唖然としましたよ。動揺を隠せず、同点タイムリーを許し降板した。怒りのあまり、ロッカールームに向かうとき、「ベンチがアホや」という言葉が出たんです。それを記者が聞きつけたんでしょうね。翌日のスポーツ紙の一面に、でかでかと私の発言が載ってしまった。

実はそれまでにも中西さんとは因縁があったんです。発端は中西さんがバッティングコーチだった'79年。キャンプでの練習中、突然中西さんが狭いスペースで打撃練習を始めさせ、打球が別の練習をしている選手に当たるという事件があった。私は選手会長だったから、中西さんに文句を言った。それだけならまだよかったんですが、のらりくらりとした中西さんの態度に腹が立ち、熱くなってタバコまで投げつけてしまった。

以来、犬猿の仲でした。そんな中西さんが翌年から監督になったものだから、シーズン中、先発だリリーフだとめちゃくちゃな起用をされてきた。そんな伏線があった上で迎えたのが、5月26日のヤクルト戦でした。あの発言は、積もり積もった恨みに対するものだったんです。

発言の翌日、球団から10日間の謹慎を言い渡された。それで気持ちの糸が切れてしまった。当時私は34歳。その年齢だと、10日休めば、調子を取り戻すのに1ヵ月以上かかる。我慢して戻っても、中西さんが監督でいる限り、また嫌がらせがある。私はその場で引退を宣言しました。

でも正直、その決断が正しかったのかという迷いはありました。引退してから5〜6年は「あんな人のために辞める必要があったのか」と、自問自答の日々でしたよ。だからこそ、私は中西さんを許せなかったんです。

その気持ちと折り合いをつけられたのは、現役を退いてから10年以上経ってからですね。議員をやったり、指導者をやったりして、自分も人に何かを伝える側に立ったとき、ふと中西さんの気持ちがわかるようになったんです。

人間は立場によって、言いたくないことも言わなければならない。理不尽だとわかっていても、それを下の者に課さざるをえない時がある。私のように生意気な選手には、中西さんは厳しく接するしかなかった。そうしなければ、監督としての威厳が保てなくなり、チームは機能しなくなっていたでしょう。