『メキシコ麻薬戦争』 ゴッドファーザーよりヤバイ現実

レビュー:村上 浩

12万人。2006年から6年続いたカルデロン政権下、メキシコ麻薬戦争によって失われた命の数である。異常なのは犠牲者の数だけではない。用いられる武器、残虐性も想像を超えている。けん銃やマシンガンは当たり前、手榴弾も決して珍しくはないという。メキシコが直面しているのは、マフィアたちの抗争や縄張り争いなどという言葉では片付けられない、"戦争"なのだ。

敵対集団の構成員や賄賂に応じない警察官を誘拐し、拷問、暴行の末に首を切り落として街中にさらすような、目を背けたくなる残虐行為はエスカレートし続けている。復讐はさらなる復讐を生み、1兆ドルを超えるGDPを誇る先進国メキシコのイメージは、すっかり麻薬と犯罪で塗り替えられてしまった。ある推計では、今では麻薬はメキシコに300億ドルもの外貨をもたらし、石油に続く輸出品となっているというのだから、無理もない。

本書は、日本で報じられることの少ないメキシコの現状を、その歴史的背景から明らかにしていく。なぜ民主主義への転換はメキシコ麻薬戦争を拡大させたのか、マフィアたちはどのようにして警察・軍を上回るほどの暴力を手にしたのか、麻薬戦争を終わらせることはできるのか。著者は10年に渡って、麻薬の源流地であるメキシコ山奥を駆け回りながら、麻薬王の弁護士、アメリカ人潜入捜査官、そしてマフィアへ直接取材を行っており、現場の匂いすら感じられるほどの臨場感である。

メキシコを襲う惨劇は、その描写を活字で追うだけでも背筋が凍る。しかし、事件の多くはメキシコ国内でもあまり話題にならないという。例えば、著者があるレストランでの警察高官射殺事件にかけつけると、1時間と経たないうちに死体は運び出され、営業が再開されたという。432発の銃弾によって5人の警官が殺されたときも、地元紙の3面に小さく書かれただけ。事件の頻発に人々の感覚は麻痺し始めている。麻薬戦争は広く、深くメキシコ社会を蝕んでいる。

マフィアにとっても、「殺人」はありふれた手段となっている。彼らにとっての殺人がどれほど安易なものかは、殺し屋に支払われる殺人の報酬がたった1,000ペソ(約85ドル)であることからもうかがえる。1人あたりGDPが15,000ドルに迫ろうかというメキシコではあるが、その格差は凄まじく、マフィアからの1,000ペソに飛びつく少年は掃いて捨てるほどいるという。マフィアの一員として多くの襲撃に加わり、イラクやアフガニスタンのどんな兵士よりも多くの死体を見たという17歳の元殺し屋フリオールの言葉は、彼が生きてきた17年の過酷さを物語っている。

銃撃戦のなかにいるとアドレナリン全開だよ。死者が出ても何も感じない。毎日殺し合いがある。十人死ぬときもあれば十三人死ぬときもある。いまではそれが普通なんだ。