Teradatrust Advisory, Inc.代表取締役・寺田未来
「フィリピンは女性が活き活きと働ける国」

『海外で働こう~世界へ飛び出した日本のビジネスパーソン』より抜粋
Teradatrust AdvisoryHPより

もう一度英語圏の国でチャレンジがしたい

私が日本を離れ、フィリピンのマニラで働くことになったのは、ある偶然の再会がきっかけでした。2008年、私はそれまで勤めていた銀行を辞めて、米国公認会計士(USCPA)の資格試験の勉強に専念することにしました。勉強に専念できる環境を求めて、東京から千葉県の九十九里浜に移住。勉強に疲れたら、気分転換に趣味のサーフィンを楽しみ、また勉強に戻るといった毎日を送っていました。

USCAPを取ろうと思ったのは、いずれは英語圏で働きたいという気持ちがあったからです。私は生後2ヵ月から2歳までと、小学校2年生から4年生までの間、親の仕事の関係でアメリカのオハイオ州に住んでいました。また高校時代にも1年間ほどボストンに留学しました。けれども留学中はアメリカ人の生徒たちの中でうまく自己主張することができず、不完全燃焼に終わったという悔いがありました。だから「もう一度英語圏の国でチャレンジがしたい」という思いを抱いていたのです。

USCAPの勉強を始めて3〜4ヵ月の頃、資格取得に必要な4科目のうち2科目に合格することができたのですが、銀行時代の先輩に再会したのはそんなときでした。今では銀行を辞めて「SCS Global」という会計事務所のマニラ事務所で働いているという先輩は、私がUSCAPの資格取得を目指していると話すと、「あなたみたいな人で、マニラで働ける人を探しているんだ」と言われました。

先輩によれば、フィリピンも英語圏であるとのこと。でも、私がイメージしていた英語圏の国といえば、何といってもアメリカであり、イギリスやオーストラリアです。そもそも私はフィリピンがどんな国なのかさえ、よく知りませんでした。それでも先輩からのせっかくのお声掛けです。まずは一度行ってみようと思いました。

海外で成功をおさめたビジネスパーソンの「リアル体験談」が記されたサイト『ABROADERS(アブローダーズ)』よりスピンアウトし、実際に『ABROADERS』として世界へ飛び出し活躍をしているDEFTA PARTNERSグループ原丈人氏、CROOZ小渕宏二氏、エー・ピーカンパニー米山久氏など、海外ビジネスへ積極的に取り組んでいる日本のビジネスパーソン25人の挑戦の姿が描かれている。
海外へ挑戦をした成功者たちは何を考え、どのような意思決定を行い、『ABROADERS』として海を渡ったのか--。その理由や、海外ビジネスの課題と可能性、醍醐味や苦労、現地の実情や国民性など、25通りのストーリーがインタビューを通して詰め込まれており、海外で働いている方はもちろんのこと、「海外で働きたい」「いつか自分も海外で」とお考えの方が、海外へ挑戦するきっかけとなる学びや気付き、共感が得られるような一冊。
※『ABROADERS(アブローダーズ)』とは、「海外」の「Abroad」と「ひと」をあらわす「er」を組み合わせた造語です。