雑誌
緊急アンケート 意外な結果にビックリ!「中国と韓国と日本」世界の人たちが好きなのはこの国だった

中韓両国は、世界中で「日本の右傾化」を非難している。だが実際、世界の人たちはこの3国にどんなイメージを持っているのか。25ヵ国100人以上の声を拾ってわかった「驚くべき結果」とは……。

イメージが重要です

最近の韓国政府による「反日工作」は目に余るものがある。

米国の州議会で日本海と東海を併記させようとしたり、慰安婦像を建立して日本の軍国主義的イメージを植え付けようとしたり、常軌を逸した反日外交戦略を繰り広げてきた。

一方、中国による日本叩きも負けず劣らずだ。3月末、ドイツを訪問した習近平は「第二次世界大戦中に日本軍が南京で30万人以上中国人を虐殺した」という説を持ち出して、暗に日本軍とナチスを重ね合わせるなど、積極的な反日工作を行った。

こうした中国・韓国の反日キャンペーンに対し、日本でも嫌中・嫌韓の声が喧しいが、はたして世界に目を向けたとき、中国と韓国と日本はそれぞれどんな国に映っているのだろうか。

そこで本誌は、この3国を除く世界25ヵ国の103人に、中国・韓国・日本に対するイメージ調査を行った。調査の公平性を期すために、日中韓からの移民はもとより、3国と特別な関係を持つ人(妻が日本人など)は除外し、できるだけ世界各国の普通の人が、どのようなイメージを持っているかが明らかになるように配慮した。

アンケートの結果は、驚くべきものだった。

右の図にあるように、「日中韓3ヵ国のなかで、最もイメージの良い国は?」という質問に対して、日本と答えた人の数が9割を超えたのだ。一方で、「悪いイメージの国」という設問では、中国を挙げた人が圧倒的多数だった。

この結果を見れば、中国人や韓国人を除く世界の大半の人々は、日本という国や日本人に対して好意的なイメージを抱いていることは明らかだろう。

「日本人は働き者で、非常に礼儀正しいというイメージです。和紙や陶磁器などの素晴らしい伝統工芸と、コンピュータなどのハイテク技術の両方を持ち合わせた国というのは、世界中見渡してもなかなかありません」(トビーさん、35歳、デザイナー、米国人男性)

このように日本に対し「伝統と先端技術が融合した国」というイメージを抱いている人は多い。