[パラリンピック]
白戸太朗「メダルが示す豊かさとは」

 僕の周りで、にわかにパラリンピックが盛り上がっている。その理由としてあげられるのは、まずはなんと言っても東京での開催決定が大きい。これに伴い、選手、関係者はもとより、一般の方々もオリンピックはもちろん、パラリンピックも意識するようになってきている。

 やはり目標があると、人は変わることができるのだということをあらためて認識させられる。もう一つは、トライアスロンが2016年のリオデジャネイロ大会から、パラリンピックの正式種目となることが決まっていること。他種目のパラリンピックアスリートや、それまでは趣味で取り組んできたハンディキャップを持つトライアスリートのモチベーションや動向が明らかに変化してきた。こうしたエネルギーを感じることができるのは、トライアスロン業界に身を置くものとして嬉しい限りだ。

 政府もパラリンピックには前向きな取り組みを見せている。いままでオリンピックは文部科学省、パラリンピックは厚生労働省と、管轄が分かれていて、連携がスムーズではなかった。それこそがパラスポーツが、なかなか健常者の大会に近づけない原因とも言われてきた。しかし、今月からは文科省管轄となった。つまり福祉の厚労省から、競技スポーツを所管する文科省へ移管した。これにより、競技スポーツ化が進めやすくなるのではないかと、業界では期待されている。

 しかし世界は既に日本の一歩も二歩も前を走っている。ロシアは2010年バンクーバーパラリンピックでは「金12、銀16、銅10」だったのだが、地元開催となった今年3月のソチ大会では「金30、銀28、銅22」と大躍進。どのメダルも3割以上を獲得するという占有ぶり。あまりの強さにほかの国がかすんでしまったほどだ。一方、日本は前回の「金3、銀3、銅5」から今回は「金3、銀1、銅2」。メダル総数は減ったものの、ロシア大躍進の中で健闘した方だと言えるだろう。