[NBA]
杉浦大介「ヒート、4年連続ファイナル進出を果たせるか」

~プレーオフ、イースタン・カンファレンス展望~

MVP逃すも、大きい“怪物”の存在

本命 マイアミ・ヒート(第2シード/54勝28敗)

レブロンとヒートのファイナル3連覇なるかが最大の注目だ。Photo By Gemini Keez

 怪物レブロン・ジェームスとヒートの“歴史との戦い”がスタートする。今季も激戦を勝ち抜いて“スリーピート(3連覇の意味。スリーとリピートを合わせた造語)”を達成すれば、「史上最高の選手になりたい」と目標を語るレブロンのレジュメに大きな勲章が新たに加わることになる。

 2013-14年のヒートの勝率.659は、レブロン、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュの“ビッグスリー”時代が始まって以降では最低。おかげで第1シードを逃し、しかもウェイドが度重なるケガでシーズン中に28戦を欠場するなど、戦況は必ずしも順風満帆ではない。

 しかし……多くの地元メディアと同じく、筆者も少なくともイースタン・カンファレンス内では依然としてヒートが最強と見る。理由はシンプルに、現役最高のオールラウンド・プレイヤー、レブロンを擁しているからだ。

 今季のリーグMVPはケビン・デュラント(オクラホマシティ・サンダー)に譲ることが濃厚だが、それでもレブロンが今まさに全盛期を迎えていることに疑問の余地はない。この5年間で2度目のMVP逸も新たなモチベーションになる。もともと、この時期に照準を合わせてきているだけに、ポストシーズンでもラウンドを重ねるごとに調子を上げる姿をイメージすることは難しくない。

 プレーオフ第1ラウンドで対戦するシャーロット・ボブキャッツに、ヒートは2010年以降は15戦全勝。しかし、その後、対戦が有力なブルックリン・ネッツには今シーズンはなんと4連敗。サイズに恵まれたインディアナ・ペイサーズとも相性の悪さが指摘されるなど、頂点への道は緩やかではない。それでも、最後にはレブロンの神通力と個人技がモノをいうと信じる。

 時に厳しい時間を経験しながらも、マイアミのパワーハウスは4年連続のファイナル進出を決める。そして、ウェスタン・カンファレンスを代表するオクラホマシティ・サンダーか、サンアントニオ・スパーズとの最終決戦に臨むことになるのではないか。