歳川隆雄「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

国賓来日オバマ大統領「極秘会談」2人目の出席者は「谷内」か「菅」か

2014年04月19日(土) 歳川 隆雄
upperline
4月23日、エアフォースワンでオバマ首相は来日する  photo gettyimages

国賓として来日するバラク・オバマ米大統領の到着時間が確定した。

オバマ夫人は訪日せず

エアフォースワン(大統領専用機)は4月23日午後7時、羽田空港に到着する(前号で午後7時前後と書いている)。同7時5分には、ホワイトハウス記者団を乗せたチャーター便も到着する。

オバマ大統領の車列はノンストップで東京・虎ノ門のホテルオークラに向かう。国賓での来日だが、迎賓館に泊まらず、ミシェル夫人を同伴しない「オバマ訪日」は異例である。

夫人を伴わないので、本来は24日夜7時から皇居で開かれる天皇・皇后陛下主催の晩餐会は天皇陛下主催となった。宮中行事は「相対」が原則である。

オバマ大統領滞在は日本側の希望通り2泊3日となり、安倍官邸と外務省は安堵した。そこには、もちろん理由がある。

安倍晋三首相は24日午前から官邸で行われる日米首脳会談の前に、非公式にオバマ大統領に会って事前の擦り合わせを強く求めていたのだ。恐らく、23日夜9時ごろから宿舎のホテルオークラ内で日米インナー会合が開催されるはずだ。

出席者も限定される。オバマ大統領には、スーザン・ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)、エバン・メデイロス国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長、ダニエル・ラッセル国務次官補(東アジア・太平洋担当)、キャロライン・ケネディ駐日米大使らが同行する。

次ページ だが、米側の出席者は、実務志向…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ