永田町ディープスロート

福島みずほ
「小沢さんって、スゴイんです」 

聞き手 鈴木哲夫
BS11キャスター・ジャーナリスト 

2010年03月30日(火) 週刊現代
週刊現代
upperline
「どうせ捨てられる」「もう用済み」「社民党らしさがなくなる」・・・。鳩山連立政権に加わった福島みずほ党首率いる社民党だが、7月の参院選で民主党が単独過半数を獲得すれば、お払い箱になるという見方は根強い。
  同時に福島党首自身が大臣(消費者及び食品安全・少子化・男女共同参画担当相)になったことで「米軍基地」「自衛隊」「原発」など、党の根幹となる主張も閣内では埋没しがちだ。
  社民党はこのまま与党として歩むのか、連立を離脱して独自路線を貫くのか。大臣としてではなく、党首としての考えを聞いた。― 

――鳩山政権が誕生してちょうど半年です。この連立政権に社民党が入ったことについて、とかくマイナス面ばかりが取り沙汰されますが、当の党首としてはどうお考えですか。 

福島 とんでもない。プラスの成果が断然多いですよ。昨年の衆院選で社民党が掲げた「いのちを大切にする政治」は、鳩山政権のスローガンにもなっていると言っていいでしょう。

 というのも、自殺の問題はもとより、新政権になってクローズアップされてきた普天間問題、労働者派遣法の抜本改正、地球温暖化対策基本法などは、それぞれ"いのち"の問題として社民党が取り組み続けてきたことなのですから。 

 連立政権に加わるに当たって私が申し上げたのは、「社民党が新しい政権の品質保証役になる」。これがいままさに、実現しつつあるわけです。 

―もっと評価されてもいいというわけですね。 

福島 ある自民党の議員は「鳩山政権は連立政権だから強い」とボヤいたそうです。私、「もっとあちこちで、それを大きな声で言ってくれないかしら」と思うんです。

 つまり、社民党が入っていることで多元的な見方ができるから、この政権は手強いのだとおっしゃっているわけでしょう。 

 それに社民党がいなかったら、民主党内には右から左までいろんな意見の人がいるんだから民主党内政局になりますよ。民主党が割れちゃう。社民党がいろいろ言ってあげているから、民主党はひとつにまとまっていられるんです。そういう意識をぜひ、持っていただきたいです。 

―民主党に持っていてほしい? 

福島 いえいえ、国民の皆さんに、です(笑)。 

次ページ 福島 社民党が政権に加わった成…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事