カイジ「勝つべくして勝つ!」働き方の話
【第11回】仕事では、打率3割を狙え!
~勝てる試合だけをやっている人は成長できない~


漫画『賭博黙示録 カイジ』とは?

自堕落な日々を過ごす主人公、伊藤開司(いとう・かいじ)。そのカイジが多額の借金を抱えたことをきっかけに「帝愛グループ」をはじめとする黒幕との戦いに挑んでいく大人気漫画。命がけのギャンブルを通じて、勝負師としての才能を発揮するカイジだが、その運命は果たして・・・。

(作者:福本伸行 講談社『週刊ヤングマガジン』で1996年11月号~1999年36号まで連載された作品)


【第10回】はこちらをご覧ください。

先日、ウェブの制作会社を経営している20代の若手起業家と話をする機会がありました。インターネットの世界はどんどん新しい技術やサービスが出てくるので、この業界の人は「とにかくまずやってみてから考える」という方が多い気がします。お話しすると、そのフットワークの軽さにまず圧倒されます。

その彼は今、少しだけ悩んでいると言いました。将来のことを考えると憂鬱になる。動きの早い業界なだけに、自分がいつまでついていけるかわからない。そんなことを話してくれました。

彼の気持ちはぼくもわかる気がします。先のことを考えると、人は不安になりがちです。けれど、そういう不安と隣り合わせの部分も含めて、仕事は楽しいのかもしれません。

以前、幻冬舎の見城社長と、サイバーエージェントの藤田社長が書いた『憂鬱でなければ、仕事じゃない』を読んで、まさにその通りだと感じました。

見城社長は、朝起きて、スケジュールに「憂鬱なこと」が3つ以上ないと、不安になるとおっしゃっています。「憂鬱でないこと」は、安心領域です。それは既にマスターした仕事で、比較的簡単にできるでしょう。

ただし、資本主義経済では、常に新しいライバルが現れ、常に新しい商品が生まれます。自分が画期的な商品を生み出して、儲けを出せたとしても、それはすぐにマネされ、自分の利益は減っていきます。つまり、その商品、そのビジネス自体が、どんどん小さくなっていき、どんどん仕事にならなくなっていくということです。

仕事に慣れ、「安心領域」にできたとしても、その安心領域自体が、小さくなっていきます。せっかく、新しい「安心」を手に入れても、手に入れた瞬間からどんどん小さくなっていく。ちょうどお湯の中に氷を入れるようなものです。

そうなると逆に今度は「安心領域が小さくなっていく不安」に悩むようになります。このままでは安心領域がなくなってしまう、どうしよう・・・という不安が膨らんでいくのです。

それに打ち勝つ方法はただひとつ。常に安心領域を拡大していくことです。言い方を変えると、常に不安とストレスを感じる仕事にチャレンジし、克服していくことです。

ビジネスにおいては、「停滞は退化」と言われます。自分では現状維持をしているつもりでも、周りがどんどん前進しているので、相対的に後退しているわけです。

「だとしたら、最初からがんばらなければいいのでは?」と考えるかもしれません。しかしそれは、「人間はいつか死ぬ。だったら、今日死んでも同じだから、死んじゃおう」と考えるのと一緒です。この社会で勝ち、評価されるためには、積み上げ続けなければいけません。安心領域は、築き続けなければいけないのです。

「今は困っていないから、がんばらなくていい」と考える人もいます。ですが、その考え方はすこし損です。なぜなら、実際に困ってから新しいチャレンジをするのと、まだ余裕があるうちに仕掛けるのとで、どっちが精神的に楽だと思いますか? 当然「余裕があるうち」ですね。

ぼくはカイジからそれを存分に教えてもらいました。追い詰められてからの勝負は本当につらいものです。「これがダメだったら、もう後がない」と感じた瞬間、体がこわばって冷静な判断ができなくなります。だからぼくたちは、まだ必死になる必要がない、という時期から準備しておくことが大切なのです。

「負けてもしかたがない」と思える勝負をせよ

安心領域を作るということは、常に「将来のメシの種」を探すということです。時間とお金をかけて新たに学び、新たにチャレンジしないといけないのです。

そういうと、必ず「それでうまく行かなかったらどうするんですか?」と聞く人がいます。そんなとき、私の答えはただひとつ、「それは、しょうがない」です。

この連載でも何度かお話ししていますが、資本主義経済は、そもそもギャンブル的な性格を持っています。ですから、「これだ!」と思って進んだ道でも、世間から評価されないこともままあります。

最初から「はずす」つもりで道を選ぶなんていう愚かな人はいないと思いますが、「これだ!」と思って進んだ道に何もなかったら、それは仕方がないことです。

勝つことは大事。でも確実に勝つビジネスなんてありません。うまくいく前提の時でしか勝負できず、確実に勝てるものにしか手を出せないとしたら、何もできません。なんにも始められないのです。

ここでポイントになるのは、「期待値」です。これは「勝った時に得られるメリット×勝つ確率」で計算する値です。この期待値が高い勝負であれば、仮に負けることがあってもトータルでは大きなものを得られます。

外すこともあるので、勝率10割とはいきません。ただ、簡単に外していいはずもありません。勝った時に手に入れられるものが大きければ、多少勝率が低くても、勝負する価値があります。反対に、手にできるものが小さければ、高確率で勝てるような道を選ばなければいけません。要は、期待値なのです。

ちなみに、カイジが手を出すギャンブル、「E-カード」「チンチロ」「沼」はすべて期待値が高いものでした。カイジは、大勝負に挑む前に、「勝率5割でも上等だ」と言っています。ぼくたちだって、10割で勝とうとして、小さな勝負ばかりしていたら、全く先に進めません。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら