メディア・マスコミ
2014年ピューリッツァー賞にNSA報道のガーディアンとワシントン・ポスト---報道部門を一挙紹介

紙・ウェブでNSA問題を報道し続けたガーディアン紙

4月14日、2014年ピューリッツァー賞が発表された。公益(PUBLIC SERVICE)部門で受賞したのは、ガーディアン紙ワシントン・ポスト紙だった。両紙は、NSAの元職員であるエドワード・スノーデン氏が提供した機密資料をもとに、監視・盗聴活動を暴露した。

ガーディアン紙のウェブ上におけるNSAの報道特集「NSA files decoded」については、以前「長編記事でも没頭してしまう? 海外のイマーシブ・ジャーナリズム事例5選」という記事でも取り上げたことがあった。

ガーディアン紙はこの問題について紙とウェブで報道を繰り返し、当時スノーデン事件を広く伝えたグレン・グリーンワルド氏はイーベイ創業者のピエール・オミダイア氏が代表を務める「First Look Media(ファースト・ルック・メディア)」に参画している。

同社にてグリーンワルド氏は、「The Intercept(インターセプト)」という新メディアを立ち上げ、編集者として引き続き機密資料をもとにNSA問題を伝えている。

また、ニュース速報報道(Breaking News Reporting)には、1年前に起きたボストンマラソン爆破テロ事件を迅速に伝えたボストングローブ紙が受賞した。

調査報道を受賞した記事の一つ
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら