[アイランドリーグ]
愛媛・弓岡敬二郎監督「命運握るトップバッター高田」

急務の先発陣整備

 開幕からの成績は1勝3敗。現状はまだまだ手探りといったところです。特に先発ピッチャーで計算できるのが小林憲幸のみ。開幕戦で小林が福岡ソフトバンク3軍で先発した大隣憲司と投げ合い、サヨナラ勝ちしたのは最高のスタートでしたが、その後は先発が早々に崩れた試合もあり、3連敗。5月の連休にかけて連戦が増えますから、早く先発ローテーションを整えなくてはなりません。

 開幕前、小林に続く2番手の先発として期待していたのは2年目の橋本隼でした。彼は170センチと小柄ながら、キレのあるいいボールを投げます。オープン戦でも好調で、結果を残してくれると思っていました。

 ところが……。初登板のソフトバンク3軍戦(7日)は4回6失点。続く高知戦(12日)は2回も持たず、7失点。オープン戦とは別人のような内容です。公式戦になって力が入り過ぎているのでしょうが、このチャンスを逃しているようでは上は目指せません。3度目の正直で、次こそは結果を出してほしいと願っています。

 現状、3番手の先発も不確定で、場合によってはベテランの河原純一に任せるかもしれません。ただ、僕のプランでは、それは最終手段。可能なら、若手が先発の座をつかんでほしいと望んでいます。

 12日の高知戦で3イニングを0点に抑えた新人の高原和弘(秩父高-順天堂大)も候補に入ってくるでしょう。いい真っすぐとフォークを持ち、コントロールもまずまず。長いイニングを投げるスタミナは未知数ですが、どこかで先発をテストすることになるかもしれません。抑えは新外国人で力のあるミッチェル・ウィルハイトがいるだけに、5回2失点くらいで試合がつくれるピッチャーを4月のうちに整備したいと考えています。