現代ビジネスからのお知らせ

今回のゲストは萱野稔人さん!! 飯田泰之 × 常見陽平の「饒舌大陸」第20回  「日本の権力構造、そしてヤンキー文化について」 4月22日(火)20時から!

2014年04月15日(火)
upperline

いまどきの「働き方」を考える連載フォーラム
飯田泰之 × 常見陽平の「饒舌大陸」第20回
「日本の権力構造、そしてヤンキー文化について」
今回は萱野稔人さんをゲストに迎え
4月22日(火)20時からニコ生実況中継!

〔左から〕 飯田泰之さん、常見陽平さん、ゲストの萱野稔人さん

月に一度、飯田泰之さん(経済学者)と常見陽平さん(人材コンサルタント)がゲストと共に「働き方」について語り合うマジメな座談会「饒舌大陸」。今回のゲストには現在知 vol.2 日本とは何か』(NHKブックス別巻)を編纂された萱野稔人さんをゲストにお迎えします。

職場・学校・家族内での権力のあり方、暴力を使う論理、そして、一握りのエリートとヤンキーとの二極化が進む日本の現在・未来について、気鋭の哲学者とともに本音全開で語り合います。

いつものようにに暴走する大放談トーク、どうぞお楽しみに!

【中継日時】

2014年4月22日(火)午後8時放送開始!
▼ニコニコ生放送「ゲキbiz田原チャンネル」はこちらからURL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv176163811


※生放送は、月額会員以外の方も、最後まで無料でご覧になれます。なお、中継時間は変更になる場合もあります。あらかじめご了承ください。この番組のハッシュタグは#jozetsuです。ご意見、ご質問をお寄せください。
【出演者プロフィール】

飯田泰之 (いいだ・やすゆき)
エコノミスト、明治大学政治経済学部准教授。1975年東京生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程単位取得中退。駒澤大学経済学部准教授などを経て現職。2007年より知の交流スペース「シノドス」の運営に参加。シノドスのマネジング・ディレクター、財務省財務総合政策研究所上席客員研究員も務める。専門は経済政策、マクロ経済学。著書に『経済学思考の技術』『ダメな議論』『思考の「型」を身につけよう 人生の最適解を導くヒント』『飯田のミクロ 新しい経済学の教科書①』など。

常見陽平 (つねみ・ようへい)
著述家、杏林大学・千葉商科大学・武蔵野美術大学非常勤講師、「クオリティ・オブ・ライフ」フェロー、HR総合調査研究所客員研究員。1974年宮城県生まれ。97年一橋大学卒業、リクルート入社。同社では「とらばーゆ」編集部などに在籍。2005年玩具メーカーに転じ、09年クオリティ・オブ・ライフに参加。14年春一橋大学大学院社会学研究科修士課程を修了。講演・執筆の専門分野は就活、転職、キャリア論、若者論、ノマドワーク、仕事術など。著書に『「できる人」という幻想』『「就社志向」の研究』『普通に働け』『「意識高い系」という病』『僕たちはガンダムのジムである』など。

萱野稔人 (かやの・としひと)
津田塾大学教授(学芸学部・国際関係学科)。1970年愛知県生まれ。早稲田大学文学部卒業。95年に渡仏し、2003年パリ第10大学で哲学博士号を取得。東京大学大学院国際哲学交流センター研究員、津田塾大学准教授を経て、2013年10月より現職。著書に『国家とはなにか』『カネと暴力の系譜学』『権力の読みかた―状況と理論』『新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか』など。共著に『「生きづらさ」について 』『没落する文明』など。

著者: 飯田泰之、荻上チキ
夜の経済学
(扶桑社、税込み1,404円)
「日本に風俗嬢は何人いる?」「買春する男の傾向って?」「弱者叩きをする人ってどんな人?」セックスから政治まで気鋭の評論家&エコノミストが数字を武器に吼えまくった!

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。

著者: 常見陽平
「できる人」という幻想
(NHK出版新書、税込み799円)
即戦力、グローバル人材、コミュ力、起業・・・いったい、日本はいつまで「できる人」という幻想を追い求めるつもりなのか? 若者よ、「できる人」を目指すな。社会よ、若者の可能性にかけるな。

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。

編者: 萱野稔人
現在知 vol.2 日本とは何か
(NHK出版、税込1,728円)
私たちは日本という国をほんとうに理解できているだろうか? 従来の「日本文化論」アプローチを乗り越えた、気鋭の編者による日本論の刷新! 論者は山内進、橋爪大三郎、三谷博、井上寿一、石破茂ほか。

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。



underline

アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事