13歳で単身渡英、ITでアフリカの「教育」を変えた20歳の日本人
科学の実験を見たことがないルワンダの子どもたちに映像で実験の様子を届けた牧浦さん(写真中央)

アフリカ・ルワンダの教育に革命を起こした一人の若者がいる。中学2年まで日本で育ち、13歳で単身渡英した牧浦土雅さん(まきうらどが・20)だ。将来は、国際的なネットワークや行動力を生かし、ITでアフリカを拠点にソーシャル・ビジネスを起こすことを考えている。

牧浦さんがルワンダで起こした革命の内容は、教育現場にDVD教材を導入したことだ。現地政府と交渉し、科学の実験を収録したDVD教材を700人ほどの子どもたちに届けた。その行動力には関心するばかりだ。牧浦さんがこの教育革命を起こした時期は、2013年8月から11月末にかけてのわずか4ヵ月間。若干19歳でのことだ。

2014年1月には、GDP年8%成長を続けるルワンダの経済状況や犯罪率が少ない治安の良さ、IT立国に向けての動きなどを調査した電子書籍を発行し、日本企業のアフリカ進出支援も行う。

同国の印象は、100日間で80万人ほどの犠牲者を出した「ルワンダ虐殺」が強いが、今は急速に経済成長を続け、治安も良くなっていることから「奇跡の国」とも呼ばれている。

2014年1月、TED「世界の12人の若者」にも選出された

「ソーシャル・ビジネス」に興味

牧浦さんは現在、イギリス・ブリストル大学に通い、2016年5月に卒業予定だ。卒業後は、アフリカを拠点としたソーシャル・ビジネスを起こしたいと言う。

牧浦さんが社会的課題を解決する事業に関心を持ったのは、高校2年生の夏休みに、インド・デリーで教育系NGOのスタッフとして働いたことが大きく影響している。

貧困の現状を見て、ビジネスの力で解決できる方法を模索していたときに、ソーシャル・ビジネスにたどり着いた。親の影響で、効率的に利益を生み出すビジネスモデルは幼い頃からよく勉強していたが、社会的課題を解決するビジネスモデルの存在は珍しく感じたという。

本やネットでソーシャル・ビジネス関連の情報を調べていると、日本の若者たちが立ち上げたある教育系NPOを知る。

それは、DVD教材を利用し、途上国での教育格差の解消を目指す「e-Education Project(イーエデュケーションプロジェクト)」だ。

同団体は、バングラデシュやヨルダンなど7ヵ国9地域で活動を展開している。特徴は、学生が単身で現地に飛び、悪戦苦闘しながらもプロジェクトを成し遂げる点だ。

藤原さんと写る牧浦さん(和田中学2年時)
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら