町田徹「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

「番組で平謝り」の籾井NHK会長が、それでも4月に「理事入れ替えを画策」の噂は消えず!

2014年04月15日(火) 町田 徹
upperline
籾井NHK体制を支える安倍首相。NHK理事の人事問題は人気に影響する可能性も  photo gettyimages

「視聴者の皆様に、大変なご心配をおかけしました。こうした事態を招いたことを反省し、深くお詫び申し上げます。私の個人的な見解を放送に反映させることは断じてありません」――。

「番宣番組」で頭を下げた籾井NHK会長

日曜日(4月13日)の朝のお茶の間に、あの籾井勝人NHK会長が頭を下げる姿が飛び込んできた。政治的な中立性を疑われる発言などで国会審議を紛糾させ、受信料の不払いが急増しかねない事態になっていることから、総合テレビの番組『とっておきサンデー』の冒頭で、あらかじめ収録していた籾井会長のお詫びビデオが放映されたのである。

果たして、籾井会長の反省と謝罪は、本物なのだろうか。筆者が取材したところ、首を傾げたくなるような噂が流れていた。

「人事権の乱用」はしないという国会での公約を反故にして、NHKの幹部人事への介入を画策しているというのである。事実ならば、再び会長としての資質を問う声が沸騰しかねない問題である。

ありていに言えば、『とっておきサンデー』は、NHKの「番宣」(番組宣伝)番組だ。1時間近くをかけて、朝の連続テレビ小説や夜の特別ドラマをじっくりと紹介し、視聴者を獲得しようという内容である。秒単位で放送・広告枠をスポンサーに売らなければならない定めの民放各局にはとても真似できない、NHKならではの番組なのだ。

だが、13日の『とっておきサンデー』は、いつもと様子が違った。いきなり籾井会長が登場し、深々と頭を下げたのだ。

そして、公の場で個人的な見解を表明して多くの視聴者から批判が寄せられたことや、国会を紛糾させたことに言及、反省と謝罪の言葉を口にした。女性アナウンサーからの質問に答える形で、NHKは放送法で公平、公正、不偏不党などを義務付けられており、会長の個人的見解が放送に入り込む余地はなく、そのようなことは断じてしないとの確約もした。

次ページ 籾井体制の発足で最も懸念された…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事