賢者の知恵
2014年05月13日(火) 週刊現代

それは不思議な世界だった 大金持ちになると見えてくる「世界」が確かにあるんです

55周年記念巻頭企画 日本の大金持ちはこんなに凄いぞ 史上初 日本を引っ張る大富豪がここに全員集合!

週刊現代
upperline

一代で財をなしたり、親から引き継いだ会社を大きくしたりした実業家たちは、ほぼ例外なくがむしゃらに働いてきた人物だ。自分やその家族、従業員のために、寝食を忘れて動きまわり、努力と実力と運で、成功を勝ち取る。

ただ、そうして「真の大金持ち」になったときに、見えてくる世界があるという。自分がこれまで粉骨砕身してきた理由、その原点は何だったのか。功成り名遂げた今、自らその出発点に立ち戻り、自分を支え育ててくれた周囲や社会に財産を還元していく—。そんな考えに至った人びとがいる。

全国に「たかの友梨ビューティクリニック」を124店舗展開し、成功した女性経営者として脚光を浴びることも多い、たかの友梨氏はこう話す。

「私はこれまで、寄付をしていることを公言してきませんでした。仕事でおカネを稼いで、できる範囲で静かにやればいいと考えていたんです。売名行為と取られかねませんからね。でも今は、私を含めた社会全体で行動していこうと、考え方も変化してきました。

これまでも事業が大きくなるにしたがって、ユニセフや赤十字などに寄付はしていたのですが、どのように使われているか、よくわからないじゃないですか。だから、目に見える支援として、児童養護施設『鐘の鳴る丘少年の家』(群馬県前橋市)を直接支援させていただいています。もう30年になりますね。

なぜかというと、実は私が子供だったとき、この施設にお世話になったからなんですよ」

たかの氏の人生は順風満帆なものではなかった。彼女は新潟県で婚外子として生まれ、その後、養子として別の家庭にもらわれる。養子先の両親も離婚、母親は、たかの氏を連れて群馬県に移り、再婚する。

「母は再婚相手との間に男子をもうけましたが、その子は脳性まひでした。男性とも離婚をしてしまい、子供は小さいし、おカネもないし、先の展望など描ける状況ではなかったのだと思います。その頃、弟を背にした母親と手をつないであてもなく歩いていたことを覚えています。後に聞いたら、母は自殺しようと真剣に悩んでいたそうです。

そんなときに出会ったのが、『鐘の鳴る丘』でした。母が私たちを預かってもらえないかと、お願いに行った。すると、園長先生が『ここは親のいる子供は引き受けられない。だけどあなたはまだ若いんだから、一生懸命働いて、生きていきなさい』と励まし、母子の歩く道を照らしてくださったんです」

結局、母は身を粉にして働くことを選び、たかの氏は小学校3年生のときに祖母のところに預けられ、厳しく育てられる。

次ページ 「朝の薪運びから、炊事洗濯、編…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事