歳川隆雄「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

オバマ大統領「国賓として」来日の見返りはTPP交渉で「対米牛肉関税一桁台」

2014年04月12日(土)
upperline
TPP交渉へ向けて戦略を練るオバマ大統領、フロマン米通商代表(右から2人目)、ライス補佐官(左から3人目)ら                                                    photo gettyimages

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉で農産物の関税を巡る日米閣僚協議は甘利明経済財政・TPP担当相とマイケル・フロマン米通商代表部(USTR)代表が2日間で延べ18時間も話し合ったが、妥協には至らなかった――。

オバマ首相は国賓として来日

この日米協議は、実は裏面に4月下旬に国賓で来日するバラク・オバマ大統領の到着時間と米側が撤廃を求める牛肉関税とのバーター取引が隠されているのだ。焦点のオバマ大統領の羽田空港到着日時が4月23日午後7時前後で決着したことで、首相官邸と外務省が熱望していた2泊3日の日本滞在となった。

このため、官邸と外務省は同日夜に安倍晋三首相主催の私的夕食会を催すことを模索しており、米側はオバマ大統領、スーザン・ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)、キャロライン・ケネディ駐米大使、日本側が安倍首相、菅義偉官房長官、佐々江賢一郎駐米大使に限った「日米インナー会合」(ノートテイカーも同席させず日米双方の通訳のみ)を検討している。

国賓として来日するオバマ大統領は翌日の24日午前9時に皇居で天皇陛下と会見、同10時から官邸で安倍首相との日米首脳会談、午後12時に共同記者会見を行い、そして午後7時からの天皇・皇后陛下主催の晩餐会に出席する。

こうした公式日程の他に、現在、北朝鮮による日本人拉致被害者の家族会との面会も検討されている。

エアフォースワン(大統領専用機)の羽田空港到着日時は当初、24日早朝か未明とされ、オバマ大統領の日本滞在は1泊2日になる可能性が高かった。

が、TPP交渉を巡る熾烈な日米協議の中で日本側は、米側が求める牛肉関税の引き下げ率を現行の38.5%から一桁台後半にすることを示唆、甘利TPP担当相は来週半ばに訪米し、フロマン代表との間で折り合うことになるはずだ。

牛肉の対米関税が一桁台後半に

安倍首相が4月7日に会談したアボット豪首相との間で合意した日豪経済連携協定(EPA)では牛肉関税(冷蔵肉23.5%、冷凍肉19.5%)を引き下げることが決まった。

この対オーストラリア関税引き下げ率と比較して対米関税引き下げ率が一桁台後半(例えば9%)にするということは破格の“対米配慮”であることから、フロマン代表も矛を収めるものと思われる。

そしてそれは、オバマ大統領がいま全力を挙げている11月の米中間選挙においても、米民主党が下院で多数派に復帰できる可能性を残す「好材料」になるのだ。

恐らく24日の安倍・オバマ会談後の共同記者会見で両首脳は、「TPP交渉で日米大筋合意」を大々的に打ち出すことになるはずだ。そしてオバマ大統領を乗せたエアフォースワンは25日早朝、次の訪問国・韓国のソウル南西の烏山米空軍基地に向かう。同日午後、青瓦台(大統領官邸)で朴槿恵大統領と会談し、日韓関係の早期修復を強く求めることになる。

習近平国家主席(中国共産党総書記)との日中首脳会談の早期実現の可能性はほぼ絶望的だが、安倍・朴槿恵会談については夏までに日の目を見ることになるのではないか。

安倍首相の外交ブレーンでもある谷内正太郎国家安全保障局長の持論は、日韓が一致して中国に立ち向かうべきだというものであり、安倍首相が、例えば東京とソウルのほぼ中間に位置する済州島で朴大統領と会談する日はそう遠くない時期に実現するのではないか。

安倍首相は大型連休を利用して4月29日から5月8日までフランス公式訪問をはじめ英国、ドイツ、ベルギー、スペイン、ポルトガルなど欧州を歴訪する。

その後も6月第1週にブリュッセルで開催される主要7ヵ国首脳会議(G7サミット)に出席する。今通常国会(会期末は6月22日)は後半を迎えるが、安倍政権にとって難題はない。

再び「安倍外交」の季節となり、安倍首相は脚光を浴びることになりそうだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ