[BCリーグ]
村山哲二代表「“世界一の育成リーグ”を目指して」

 2007年に産声をあげ、4球団でスタートした「ベースボール・チャレンジ・リーグ」(BCリーグ)も、今年で8年目を迎えました。この間、私たちが試行錯誤しながら取り組んできたのは、他にはない存在価値を見出すことです。なぜなら新興の独立リーグであるBCリーグが、80年の歴史をもつNPBと同じことをしていては生き残ることはできないからです。では、BCリーグが目指すべきものとは――。それは、「世界一の育成リーグ」です。

 BCリーグでは対象を日本国内にとどめてはいません。海外にも積極的にアプローチし、国際的に開かれたリーグづくりを行なってきました。実際、各球団の外国人選手は、年々、増えてきています。また、オフシーズンにはコロンビアや豪州などのリーグに選手を派遣するなど、グローバル化がすすめられてきました。

 石川に“木田効果”あり

 そして昨年、BCリーグの国際色はさらに色濃くなりました。そのひとつが、かつてメジャーリーグで活躍した“オールド・ルーキー”の存在です。石川ミリオンスターズの木田優夫(巨人-オリックス-タイガース-オリックス-ドジャース-マリナーズ-ヤクルト-北海道日本ハム)、信濃グランセローズの大塚晶文(近鉄-中日-パドレス-レンジャーズ)、富山サンダーバーズ(当時)の大家友和(横浜-レッドソックス-エクスポズ-ナショナルズ-ブルワーズ-ブルージェイズ-インディアンス-横浜)です。

 彼ら3人に共通していたのは、「もうひと花咲かせたい」という強い気持ちをもって、BCリーグに入ってきたことです。そのため、野球に対する姿勢や、目標を見失わない強さは並々ならぬものがありました。そして、生き馬の目を抜くような厳しい競争社会を生き抜いてきた経験値がありました。それをBCリーグの選手たちは間近で見て、感じて、学ぶことができたのです。

 日米で輝かしい実績を積み上げてきた彼らの加入を喜んだのは、選手ばかりではありません。ファンにとっても“おらが町”で元メジャーリーガーを見ることができるというのは、魅力的なコンテンツに映ったはずです。それは観客動員数にも表れています。東日本大震災の影響もあって、2011年以来、観客動員数が減少していたBCリーグですが、昨年は3シーズンぶりに増加しました。全体では前年比2428人増の16万2240人、1試合平均では前年比22人増の732人。微増ではありますが、1人でも増やすことの大変さが身にしみてわかっている私たちにとっては、本当に嬉しい結果でした。

 なかでも前年比30%増の観客動員数となったのが、石川でした。最大の要因は、木田投手の加入だったと思います。周知の通り、木田投手は高校からドラフト1位で巨人に入団し、主戦として活躍。その後はメジャーリーグにも挑戦。再び日本球界に復帰し、日本ハムでは日本一にも貢献しました。40歳を過ぎてもなお高みを目指し、現役にこだわり続ける木田投手。その彼に石川の選手たちは大きな影響を受けたことは間違いありません。2年ぶりの日本一達成の要因のひとつは、木田投手の存在がありました。

 また、彼の野球への真摯な姿に魅力を感じたファンは多かったはずです。さらに木田投手は営業部長も兼任(2014年はGM兼任)していました。積極的にメディアに露出をしたり、試合でのイベントの司会進行役を務めたりするなど、さまざまなファンサービスにも努めました。球団とともに行なってきたその努力が、観客動員数アップにつながったのだと思います。