長谷川幸洋×長島昭久・前防衛副大臣、衆議院安全保障委員会筆頭理事 VOL.1
「ウクライナ問題が浮き彫りにした「新冷戦」という構造」

『現代ビジネスブレイブ イノベーションマガジン』---「長谷川幸洋がキーマンに聞く」より

国連が機能しない中で起きたウクライナ問題

長谷川: 長島さんは私のメルマガのインタビュー編の2人目のゲストです。よろしくお願いします。今日は外交防衛、安保、集団的自衛権で憲法改正を含めて全面的にお話をお伺いしようと思っています。そういうタイミングでウクライナ情勢が起きたので、むしろグッドタイミングだったかな、と思います。まずウクライナ情勢、それから東アジア、集団的自衛権、最後に憲法の話を伺いたいと思っています。

まずウクライナなんですが、これをどういうふうに見るか。私は大袈裟ではなくこれはもしかしたら戦後最大の危機かな、と思っているんです。というのは、ロシアは安全保障理事会で拒否権をもっているので、おそらく国連は機能しないだろう。しかもアメリカの力が弱まっていて、ロシアは中国の台頭を受けてプライドが傷ついている。そういうなかで起きた今回の出来事です。

しかもウクライナはNATO(North Atlantic Treaty Organization:北大西洋条約機構)にも加盟しておらず、集団的自衛権で守ってくれる国がないという立場で、経済資源が豊かである、と。これをどのように見るかというと、非常に難しい問題です。もしかするとこれは大変な事態になるかなと私は思っているんですが、長島さんはどのようにご覧になっていますか?

長島: (ウクライナ問題については)いろいろな要素が絡み合っていると思います。ウクライナは元々東西の勢力がせめぎ合う戦略的な要衝でもあるし、実際、ロシアとヨーロッパをつなぐガス・パイプラインがウクライナを横断しています。ヨーロッパのエネルギー需要の四分の一がそのパイプラインで供給されています。

ここが不安定化するということは、ヨーロッパにとっては耐え難いことです。今はクリミアに焦点が当たっていますけれども、ウクライナの新政権(ロシアは承認していませんが)が、クリミア半島をめぐって、ロシアとは別にヨーロッパ側と交渉をし直したいと仮に言い始めたら、黒海艦隊がセバストポリ軍港を基地にしているロシアにとっても耐え難い事態です。

ロシアは追い出された大統領、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチを上手く操ってEU(European Union:欧州連合)との政治・貿易協定を凍結させて、ウクライナを親ロシアに持っていったわけです。ヤヌコーヴィチは元々クリミア半島出身でもあるし、この工作は功を奏しました。それを今回ソチのオリンピックでロシア国内が沸いている最中に、出し抜かれたような形でEUサイドに持って行かれてしまったようにウラジーミル・プーチン大統領の眼には映ったのでしょう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら