[野球]
上田哲之「巨人の強さと甲子園の強打者」

 えらく大きい、と言っても、ばかに大きい、と言っても、どちらも同じ「非常に」大きいという意味になる。というような主旨の話を、昔、小西甚一先生の古文の参考書で読んだような気がする。言葉というのは不思議なものだ。
 えらく、やけに、おそろしく、すばらしく、強い――といろいろ重ねて言ってみてはどうだろう。今年の読売巨人軍である。

 誰もが認める巨大戦力で、下馬評も圧倒的優勝候補ではあるが、実は密かに巨大ゆえの落とし穴があるのではないかと思っていた。予想していたのは投手陣の破綻である。菅野智之、杉内俊哉、内海哲也、大竹寛とくれば、確かに強烈な先発4本柱である。しかし、その後が意外にいない。宮國椋丞ですか? 不安定でしょう(2日に今季初登板後、二軍降格)。杉内だって、近年は衰えが見える。みなさん盤石だとおっしゃる菅野だって、どちらかといえば上体の力を利したフォームである。1年目に20勝したあの上原浩治でも2年目は9勝と苦しんだ。菅野にも同じようなことが起こる可能性はある。リリーフ陣を見ても、澤村拓一は故障離脱したし、山口鉄也も復帰したけど故障明け。西村健太朗が、そんなに絶対的なクローザ―とは思えない。重箱の隅をつつくような言いぐさだが……。

 でも、開幕したとたんに、そんなヘソ曲がりな予測は吹っ飛びました。新外国人レスリー・アンダーソンがあれだけ打てば、そりゃ強いよ。実は打線についても、中心となるべき坂本勇人はもともと波のある打者だし、阿部慎之助はフル出場できないだろうし、と弱点を探すことはできる。セカンドに入るであろう片岡治大は打つし走れるけれども、意外に守備が不安定、とかね。そういうちょっとした綻びが、打線全体に悪循環をもたらす可能性はある。

 しかし、いくらアラを探してみても、アンダーソンでその穴をきっちり埋められてしまっては、いかんともしがたい(日本の投手は優秀だから、2回目の対戦からは弱点を攻めて打たせないだろう、という言い方もありえる。が、このキューバ人打者は克服しそうな気がする)。ホセ・ロペスも半端な打者ではない。おそらく、昨季よりも打つだろう。セ・リーグでこの打線に対抗できる投手陣をもつチームはあるだろうか。しいていえば、広島だけでしょうね。前田健太、野村祐輔、ブライアン・バリントンあるいは大瀬良大地とぶつければ、3連戦2勝1敗まではありそうだ。ちなみに、パ・リーグは福岡ソフトバンクと北海道日本ハムが強いとみた。

 もちろん、ペナントレースは長い。こんな開幕戦の印象が、これからどんどん変わっていくことを期待しつつ、ここでは、龍谷大平安の優勝で幕を閉じた選抜高校野球を少し振り返っておきたい。というのも、巨人打線ほどのインパクトではないにしろ、「強い」と形容したくなる印象を残したシーンがあったのである。