[ボクシング]
近藤隆夫「亀田興毅の引退は近い」

笑えないエイプリルフール

試合の中身よりもパフォーマンスやビッグマウスばかりが目立つ。

「引退します」
 そんなニュアンスの内容を4月1日に亀田興毅がブログに書きこんだ。

 その約10時間後に再度、ブログをアップし、「今日はエイプリルフールやから」と、引退表明は嘘であったとしたが、あまり笑えなかった。なぜならば、本当に亀田興毅の引退は近いように思えるからだ。

 一昨年、昨年と亀田興毅は計5試合を行って全勝、WBA世界バンタム級王座を防衛し続けたが、いずれの試合もパッとしなかった。

〇<判定3-0>vs.ノルディ・マナカネ(インドネシア/ランキング11位)=2012年4月4日、横浜アリーナ
〇<判定2-1>vs.ウーゴ・ルイス(メキシコ/暫定王者)=12年12月4日、大阪・ボディメーカーコロシアム
〇<判定2-1>vs. パノムルンレック・カイヤーンハーダオジム(タイ/ランキング8位)=13年4月7日、大阪・ボディメーカーコロシアム
〇<判定3-0>vs.ジョン・マーク・アポリナリオ(フィリピン/ランキング3位)=13年7月23日、東京ビッグサイト
〇<判定2-1>vs.孫正五(韓国/ランキング14位)=13年11月19日、韓国・済州島

 ウーゴ・ルイスを除く4選手は、王座に挑戦するようなレベルにはない。にもかかわらず、常に苦戦を強いられ、どちらが勝者でもおかしくない微妙な判定試合が続いた。

 ことに昨年11月の孫正五戦は、攻め込まれた末に10ラウンドにダウンを喫し、多くのファンが「亀田の負け」と目する中での勝利。また、対戦相手の孫は、この試合までに約1年のブランクを持ったロートルファイター。「敵地防衛戦」を大きく打ち出してもいたが、興行の主催は亀田プロモーションで、実はホームも同然だったのである。