[ボクシング]
杉浦大介「パッキャオ、“野生”を取り戻せるか」

~パッキャオvs.ブラッドリー再戦、直前展望~

4月12日 ラスベガス MGMグランドガーデン・アリーナ
WBO世界ウェルター級タイトルマッチ
ティモシー・ブラッドリー(アメリカ/31勝(12KO)無敗1無効試合)
vs.
マニー・パッキャオ(フィリピン/55勝(38KO)5敗2分)

本人も認める闘志の減退

昨年11月のリオス戦では上手さは目立ったが、全盛期の迫力は感じられなかった。

「マニーは飢餓感を失った。もう取り戻せないよ。キラー・インスティンクト(負けん気)を失ってしまったんだ」
 3月中にHBOが放送したビッグファイトのプレヴュー番組内で、ブラッドリーがパッキャオに向かってそう語りかけたシーンが話題を呼んだ。

 アメリカのスポーツ界ではトラッシュトークなど珍しくなく、むしろ盛り上がりを煽るためには不可欠のものだ。特にボクシングの大試合ではそれが顕著で、ブラッドリーの言葉もその一環と思う人も多いだろう。

 ただ、今回の件で異例なのは、当のパッキャオ本人が自身の闘志が以前のようではないことをはっきりと認めていることだ。
「これまでの僕はリング上で相手に同情してしまうことがあった。積極性やキラー・インスティンクトがなくなったのはそのためだ。ただ、今回のブラッドリー戦ではそれを取り戻し、みんなにお見せするつもりだよ」

 パッキャオにとって、4月12日に迎えるブラッドリーとの約2年ぶりのリマッチが危険なファイトであることは間違いない。
 パッキャオ戦で自信を付けた30歳の黒人ボクサーは、2013年にはルスラン・プロボドニコフ、ファン・マヌエル・マルケスといった強豪を連破。プロボドニコフ戦ではタフネスを、マルケス戦ではスキルを証明し、今ではウェルター級でもフロイド・メイウェザーに次ぐ存在と目されるようになった。

「試合が待ち切れないよ。パッキャオはかつてのように積極的に攻めると宣言していて、おかげでエキサイトしているんだ。また新たなチャレンジ。僕はこれまでも疑われ、周囲が間違っていると証明してきたからね」
 そう目を輝かせるブラッドリーは、パッキャオとは対照的に今まさにピークにいる。心身ともにコンディション調整には問題がないタイプで、パッキャオ戦でも間違いなく完調でリングに上がってくるはずだ。