「農業」国家戦略特区・養父市と「万年野党」が岩盤規制突破で世界に挑む

中山間地農業の改革拠点となる養父市の風景

国家戦略特区に指定された「養父市」とはどんなまち?

3月28日の国家戦略特区諮問会議で第1弾として6ヵ所の区域指定が行われた。「東京」、「関西」といった広域都市圏から、沖縄県、福岡市、新潟市と並んだ中に、中山間地農業の改革拠点として「養父(やぶ)市」が選ばれた。これを見て、「養父市ってどこだ?」と思った方も多かったのではないかと思う。

養父市は、兵庫県北部に位置する人口約2万6千人、市域約423k㎡、平成の大合併の中、2004年に、養父郡八鹿町、養父町、大屋町、関宮町の4町が合併して発足したまちだ。

この地域、1960年代には4万人以上もいた人口が、2004年の合併時には3万人、この10年でも約6分の1も減ってしまっている。

年間の予算規模は約200億円、産業構造は、1次産業が8%、2次産業が28%、3次産業が63%、農林業の比重が高い過疎地域でもあるこのまちが、今回の国家戦略特区指定によって中山間地農業の改革拠点として、日本の「農業」の新たな未来を創ろうとしている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら