WOWOW連続ドラマW『トクソウ』完成披露試写会&舞台挨拶へ20組40名様をご招待!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 秘密のベールに包まれた捜査機関「特捜検察」の驚愕の実態を、圧倒的なリアリティで描く社会派サスペンス『トクソウ』が、多くの賞を受賞しているWOWOW「連続ドラマW」で5月11日(日)より始まります。原作は検察庁内部の知られざる実態を赤裸々に描いた、由良秀之の『司法記者』。

 舞台は日本最強の捜査機関といわれる特捜検察。1976年のロッキード事件、1988年のリクルート事件といった大規模な汚職事件を摘発し、世界にも類がないほど権力が集中する組織といわれているが、近年、数々の冤罪事件や証拠隠滅、虚偽報告書作成など、信じがたい事件が次々と明らかになっています。

 検察組織の論理、検事の葛藤、検察とメディアの関係など、決して公にされることのなかった検察庁内部の知られざる実態が、圧倒的な臨場感と迫力で描かれた「検察小説」としてついに映像化。権力闘争に明け暮れる特捜部、そして日本特有の構造である司法記者クラブの中で、それぞれが果たす“正義”や“使命”とは何なのか?今、日本の検察とマスコミの腐敗した「偽りの正義」が明かされていく…。

 このドラマの完成披露試写会&舞台挨拶へ、現代ビジネス読者から抽選で20組40名をご招待いたします。

イベント詳細
日付:2014年4月23日(水)
時間:開場17:30/開演18:00(予定)
会場:丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7・8階)
内容:舞台挨拶/第1話先行試写
登壇予定/吉岡秀隆、真飛聖、三浦友和、監督:河合勇人
※当日の都合により登壇者が変更になる場合がございます。
応募要項
【お申込み】こちらより申込みページにお入りください。

応募締切:2014年4月17日(木)10:00
※参加者の皆様が映像や写真に写ることがございます。
※イベントの感想やインタビュー、写真撮影等にご協力いただく場合もございます。
※未就学児のご入場はできません。
※転売目的でのご応募は固くお断りします。
※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
【作品紹介】
WOWOW連続ドラマW 『トクソウ
5月11日(日)スタート(全5話・第1話は無料放送)毎週日曜夜10:00~。
<ストーリー>
最強の捜査機関といわれる特捜検察。千葉地検から異動となった検事・織田俊哉(吉岡秀隆)は、着任早々、特捜部副部長・鬼塚剛(三浦友和)が指揮する直告班への配属を言い渡される。特捜部の精鋭部隊とされる鬼塚班は、ダム建設を担った大手ゼネコン・大日本建設と県知事の贈収賄事件に着手していた。織田は軍隊のような組織である特捜部の威圧感に戸惑いながらも捜査を進めていく。一方、毎朝新聞の司法記者・桜井智子(真飛聖)もまた贈収賄事件の真相を迫っていた。男社会である司法記者クラブの中でスクープを勝ち取るため、智子は検察上層部に接触していく。大日本建設の一斉捜査で贈賄を示唆するメモを発見した鬼塚は、決定的な証拠がないまま裏金授受のシナリオを作り出していた。裏金の授受は本当に行われたのか、鬼塚の捜査に疑問を抱く織田は独自の捜査に乗り出す。そして、ついにある下請け業者に辿り着くのだが・・・。
原作:由良秀之「司法記者」(講談社刊)
監督:河合勇人・滝本憲吾
脚本:鈴木智
音楽:堤博明
出演:吉岡秀隆、真飛聖、吉沢悠、深水元基、長谷川朝晴、佐野史郎、矢島健一、でんでん、斉木しげる、松重豊、三浦友和
記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク