賢者の知恵
2014年04月21日(月) 週刊現代

大特集病気はクスリで作られる!特効薬の販売で、「うつ病」患者が2倍に増えた

週刊現代
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

「病気があるからクスリが作られる」患者はみな、この常識を信じ込んでいる。しかし真実は正反対、「クスリがあるから病気が作られる」のだ。あなたが飲んでいるそのクスリ、本当に必要だろうか。

悲しいことは全部「うつ」

「積極性や自己主張が評価されるアメリカでは、『悲しみ』『落ち込み』といった感情は好ましくないものであり、すぐに『うつ病』と診断されてしまいます。

一方日本では、そうした負の感情も生きてゆくうえで避けることのできない、時には必要なものだとさえ考えられてきた。うつの基準には、文化的な違いがあるのです」

アメリカのジャーナリストで、著書『クレイジー・ライク・アメリカ 心の病はいかに輸出されたか』が日本でも話題となったイーサン・ウォッターズ氏はこう語る。

「しかし、それでは日本でうつ病の患者数が増えず、市場になりません。製薬会社にとっては都合が悪い。

そこで彼らは、『病的なうつ』と『自然な悲しみ』の境界線を操作することに決めました。それまで病気とはみなされなかった自然な感情も、病気であることにする。そうして製薬会社は、日本を抗うつ薬の『メガ・マーケット』に仕立て上げることに成功したのです」(ウォッターズ氏)

今、「クスリ」の信頼が大きく揺らいでいる。

次ページ 昨春には、大手製薬会社ノバルテ…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ