[虎四ミーティング]
フィギュアスケーター・村主章枝さん対談後記

 村主さんは振り付け師のローリー・二コルさんを尊敬しているそうです。

 二コルさんからの提案でローリングストーンズの『ペイント・イット・ブラック』を採用した時、「最初はストーンズって何かも知らなかった」そうです。

 ところが何度も聞き、演技をしているうちにストーンズの奥深さが理解できるようになったと言います。

「ルールと表現の間(はざま)で悩んでいた時に、この曲に出会えたのは、私にとってはとてもラッキーなことでした」と村主さん。未知なるものを養分にして、この先、さらに進化した姿を見せてくれることでしょう。

二宮清純