新株価指数「JPX日経400」に年金基金が投資するのは問題あり
「JPX日経400」は証券取引所グループ、東証、日経新聞が算出する        photo gettyimages

年初から算出が開始された新しい日本株の株価指数であるJPX日経400に、公的年金をはじめとする年金の資金が、投資を開始した、あるいは、検討していると報じられている。

JPX日経400の構成・計算方法

筆者は、新しい株価指数を作ることに賛成だし、年金基金がインデックス運用を増やすことに賛成だ。しかし、現時点のJPX日経400に年金基金が投資することには反対だ。

投資している基金があるとすれば、それは、年金運用者としての見識が無い、と判断する。そうした意味で、JPX日経400は、年金基金の見識を測るいいリトマス試験紙だ。

JPX日経400は、資本の利用効率が高く、企業統治が優れた企業に、投資資金が向かうように、との目的で構想された株価指数だと推測される。

この指数は概ね以下のような手順で構成・計算される株価指数だ。

(1)東証一部以外の上場銘柄も組み入れ候補とする

(2)ROE(自己資本比率)が高く(配点は40%)、過去3年間の累積利業利益が大きく(同40%)、時価総額が大きい(20%)ことをポイント化して評価する

(3)社外取締役2人以上の選任、IFRS採用予定、英文決算資料のTDnetを通じた情報開示に対応、といった企業統治の定性評価でポイントを微調整して400銘柄の組み入れ銘柄を選ぶ

(4)組み入れウェイト上限1.5%として浮動株調整済みの時価総額ウェイトでポートフォリオを構成し、このポートフォリオの時価評価を反映させる

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら