[サッカー]
大野俊三「三位一体で差別撲滅を!」

 非常に寂しい試合でした。23日、Jリーグ史上初のむ観客試合となった、J1第4節の浦和レッズ対清水エスパルス戦です。一部の心無いサポーターが犯した浅はかな行為が、多くの人の夢を奪ったという事実は遺憾に思います。

 報道によると、一部サポーターが掲げた「JAPANESE ONLY」という横断幕には、「外国人の方が入ると応援の統制がとれなくなるので、ゴール裏の席で観戦しないでほしい」という意図があったとのことでした。しかし、これは実に身勝手な理由です。いかなる理由があっても、差別的な言動は、あってはなりません。様々な縁があって、日本に住み、日本が大好きと言ってくれる外国人はたくさんいます。今回起こった問題によって、外国人の信頼を大きく裏切ったことでしょう。

 また、横断幕を強制的に撤去できなかった浦和の運営体制も、クラブに対する不信感を抱かざるを得ないものでした。そもそも掲示者との同意がなければ、撤去できない規約をなぜつくったのか。たとえ危険性のある掲示物であっても撤去できないのか。浦和には、根本的な部分から改善に向けて、徹底的に議論を重ねていってほしいですね。また、他クラブも決して対岸の火事と思わず、管理・運営体制を見直すべきです。

 サポーターの声援は、選手がどんな状況でも自らを奮い立たせるための起爆剤になります。その起爆剤の大切さを、無観客試合を戦った選手たちは強く感じたと思います。中には、「なぜ自分たちがこういう状況に置かれなければいけないのか」と不満に思う選手もいたでしょう。清水の選手にとってみればなおさらです。しかし、繰り返しになりますが、たったひとつの横断幕が、どれだけ多くの人に影響したのかを考えなければいけません。

 浦和サポーターの応援の熱狂ぶりは、Jリーグ屈指です。私も彼らがつくりだすスタジアムの雰囲気は素晴らしいと感じています。ああいう中でプレーしたいと思っている選手は多いはずです。そういった浦和サポーターらしい迫力は、ぜひ続けていってほしい。残すべきところは残し、改めるべきところを改める。クラブ、選手、サポーターが三位一体となって、差別撲滅に取り組んでいくことを強く願っています。