[障害者スポーツ]
伊藤数子「ソチで見つけた日本の“ホーム”」

ソチパラリンピックのレース後、現地に駆け付けた応援団とリラックスした表情で話す新田選手<左>

 3月7日に開会式が行なわれ、9日間にわたって熱戦が繰り広げられたソチパラリンピックが、16日に幕を閉じました。冬季大会史上最多となる45カ国・地域から約550名のアスリートたちが集結した今大会、日本選手団はメダル総数6個、海外開催の冬季大会としては史上最多タイの金メダル3つを獲得しました。また、10代の若手選手のハツラツとした姿も多く見受けられ、日本選手団として得られたものは数多くありました。
 私も大会期間中、ソチの会場に行ってきました。そこで改めて感じたのは、選手たちの活躍は支えあってのものだということです。

 私がまず現地で訪れたのは、クロスカントリーとバイアスロンの会場「ラウラ・クロスカントリースキーアンドバイアスロン・センター」です。最寄りの駅からゴンドラを乗り継いで会場に到着。ゴール地点のホームストレートのところに設けられた観客スタンドに向かいました。すると、真っ先に目に飛び込んできたのはオレンジ色の団体。それは日立ソリューションズスキー部後援会の社員や、選手の地元からそれぞれ駆け付けた人々で構成された日本応援団でした。オレンジ色の半被を着用し、数人は頭にちょんまげのカツラまでかぶっていたのです。周囲の外国人は雪山に現れた「サムライ」に目を輝かし、引っ切り無しに写真のリクエストをしていました。

 もちろん選手たちにとって、応援団が大きな力となったことは言うまでもありません。なぜなら、応援団は彼らの“ホーム”だからです。私が強くそう感じた場面は2度ありました。1度目は、競技終了後です。その日はクロスカントリーの20キロクラシカルが行なわれました。立位カテゴリーに出場した新田佳浩選手は、2つの金メダルを獲得したバンクーバーに続くメダル獲得が期待されていました。しかし、惜しくも4位という結果でした。

「あと一歩のところで表彰台を逃した新田選手のこの4年間のことを考えると、かける言葉は見つからない。応援団の人たちも、私と同じ心境に違いない」
 私はそう思っていました。そこへ着替えを終えた新田選手が、応援団のいるスタンドにやって来ました。私は傍で「どんな顔をして、どんな言葉を交わすのだろう」と思いながら様子を見ていました。すると、応援団の人たちはまったく構えることなく、新田選手を激励し、また新田選手も素直に悔しい気持ちを語り始めたのです。その自然な様子に、正直驚きました。「選手」と「応援団」との間に、垣根がなく、まるで家族のように映ったからです。