自由闊達な軍隊経験が起業家マインドを育む!? シリコンバレーもびっくりの起業大国イスラエルの秘密
〔PHOTO by getty images〕

女性も男性と同じように軍事教練を受けるイスラエル

ルツ・カハノフ駐日イスラエル大使とサシで大使公邸で昼食をともにして、日本とイスラエルの補完性に関して興味深い話を伺った。なかでも起業大国イスラエルの背景についての話は非常に面白かった。

カハノフ大使は一貫してアジア太平洋畑を歩んでこられた。イスラエル、ハイファ市生まれで、エルサレムのヘブライ大学国際関係・東アジア研究科を卒業。のちに香港大学アジア研究センターへ1年間、客員研究員として留学した。

1983年外務省に入省後は、84-89年アジア太平洋部、95-2001年北東アジア部長。海外駐在ポストとしては、89-91年在香港イスラエル総領事館領事、のちに次席、91-92年在北京イスラエル連絡事務所副所長、92-94年在北京大使館公使参事官・次席、2001-02年駐ニュージーランド大使および非駐在フィジー、トンガ、サモア、キリバス、ツバル大使、2003-06年台北イスラエル経済文化事務所所長、日本着任以前の2007-2013年には外務省次官補兼アジア太平洋局長を務めた。

プライベートな会食での話なのでここでは全容を披露することはできないが、自国が友好的でない国々に囲まれ、中国、香港、台湾に長くいらしたので、中東と東アジアの地政学的課題についての議論から始まった。中東におけるイスラエルと東アジアにおける日本の立場については、かつてこのコラムで紹介したイアン・ブレマー氏は共通点が多いと言っていたが、大使から見たら、相違点も多いということだけは申し上げておこう。

次の話は、安倍政権が進めるウーマノミクスについて。イスラエルでは女性が男女平等を訴える過程で、男性と同じ軍事教練を要求し、男性と一緒に軍隊で訓練を受けているという。「イスラエルの女性とは戦ってはいけません」と笑っておられた。女性の社会進出を支えるために政府も入念な保育体制を敷いているという。子育てしながら多忙な外交官を務めてきたカハノフ大使の「女性を子育ての負担からある程度解放してあげることが日本にもさらに必要ではないか」との主張はその通りだと思う。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら