「公務員になりたい人は地方に行くという選択肢もあり」 北海道平取町に移住した25歳・冨安寛樹さんインタビュー【後編】

給料をもらいながら地域に2〜3年住んで、地域をよくしていくという取り組み「地域おこし協力隊」を終えた、冨安寛樹さんを取材しました。前編はこちら

平取町の暮らしのリアル

イケダ: 生活のリアルなところを伺いたいんですが、家賃とか車とか、そこら辺について教えてください。

冨安: 車は必須ですね、僕も買いました。家賃は、約1万です。3部屋で1万円とかもありますね。

イケダ: いやー、ほんっと家賃の差には驚きますよね。

冨安: ただ不動産屋がなくて、町営住宅か持ち家に住まれるか、という感じですが、住環境でいうとよくはないと思います。風呂は自動じゃないし、トイレはボットンですし。あと、駐車場代という概念はないです。空いてれば自由に止めていい場所もあります。

イケダ: まさに北海道はでっかいどう。やっぱり寒いんですよね。

冨安: 平取は雪は少ない方ですが、冷え込むと水道凍ったりとか、住宅が古いんで寒いですね。気温はマイナス20度いきます。灯油代結構かかります・・・。

イケダ: マイナス20度! 耳取れますね。外出るんですか?

冨安: 出ますが、車のエンジンがかからなかったりします(笑)。実は、吹雪の日に事故ったんですよ。同じ日に2回。

イケダ: 一日で2回!

冨安: ホワイトアウト状態になって前が見えなくて追突して一回と、鹿が出てきて避けてスリップして落ちて二回目。死んでてもおかしくないですね。それで今、車は二台目です(笑)