現代新書
日本人が忘れた大切なものを
ジョブズやジャック・ドーシーは見据えていた

『デジタル・ワビサビのすすめ』著者・たくき よしみつインタビュー(後篇)

インタビュー前篇「人生をリセットし、人生を楽しむキーワードがデジタル・ワビサビ 」はこちら

デジタルストレスの向こうに希望が見える

たくき よしみつ(鐸木 能光)1955年、福島市生まれ。1991年、原子力政策の闇をテーマにした『マリアの父親』で第4回小説すばる新人賞受賞。作曲、デジタル文化論、狛犬研究など幅広い分野で活動。2004年に転居した福島県川内村で原発事故被災。その体験を元に『裸のフクシマ』(講談社)、『3・11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書)を執筆。現在は日光に居を移し「デジタル・ワビサビ」を生涯のテーマに活動を続ける。

たくき:デジタルって、現代人にとっては便利なものという以上に大変なストレス源になっています。今はデジタルツールを使いこなせないストレス、デジタルツールに振り回されるストレスだけでなく、ネット社会における新たな人間関係によるストレスというのも大きい。ネットを通じて他人への憎悪や嫉妬をエスカレートさせたり、言葉が足りずにつまらぬ喧嘩をしたり。ツイッターなんかは文字数が限られているから、言葉足らずによる誤解から喧嘩が起きたりもします。

 でも、その手のデジタルストレスは15年くらい前からすでにありました。最近、なんじゃこりゃと驚かされるような現象としては、インターネットを毎日使っている人たちが実際にはインターネットとは何かということを知らない、知ろうとしないということですね。ネットを公共社会だと思っていない。

 今度の本(『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』講談社現代新書)でも最初のほうで書いていますが、広島で起きた少女リンチ殺人事件は、暴行現場からLINEでその様子をグループチャットで生中継していたし、八王子で起きたモデル事務所に所属していた少女が元彼に刺殺され、猥褻画像をネットにばらまかれた事件でも、犯人は被害者少女の家のクローゼットに身を隠して待ち構えながら「そのつもりなかったけどなんやかんやで押し入れの中。出たいけど出られへん」などとLINEに書き込んでいました。それこそ一昔前なら「ありえへん世界」になってしまっているんですよね。

──そういうのを嫌って、ネットから離れる人も多いですよね。

たくき:はい。それはそれで賢明な判断かもしれません。でも、逆に、若い人たちは、ネットやデジタルツールを毛嫌いするだけの大人を信用しない、というようなところもあります。このひどくなる一方の世の中を押しつけられる自分たちにとってはデジタルなしで問題解決なんて到底ありえないのに、もう「逃げ切っている世代」……つまり60代以上のじいさんたちなどは、デジタルストレスからも逃げるだけでいい。金と権力があれば人を使えるので、自らネットを駆使したりデジタルツールを使いこなす必要もないからいいよね、しっかり年金もらって、盆栽でもいじっていればいいんだからいいよね……と。 

第1章 SNSの光と闇/第2章 個人情報筒抜け時代を生き抜く/第3章 XPでも大丈夫!?/第4章 スマホがなくても大丈夫/第5章「デジタル・ワビサビ」への道/第6章「大人の文化」を取り戻す⇒本を購入する(AMAZON)

の中でも紹介している「スーパーIT高校生」Tehuくん……あ、彼は灘高を卒業してこの4月からは大学生になりましたけど……、彼なんかは、デジタルという手段を最大限に使って現代社会が抱える問題に真剣に取り組もうとしている。しかも、それを苦行としてではなく、楽しみながらやっているように見えます。十代の若者がこれだけ真剣に生きているのに、大人が逃げているだけというのは情けないじゃないですか。

 ダバダ~♪ っていうメロディで一世を風靡したCMがあったでしょ。違いの分かる男のゴールドブレンド、でしたっけ。あの珈琲のCMじゃないけど、大人は長く生きてきた分、文化の深みを知っているはずだし、魂のある文化とうわべだけの文化の違いも見抜けるはずです。違いの分かる世代が「大人の文化」を作り続ける気概を持たなくちゃ。

──そうは言っても、アナログ文化で育ってきた中高年世代にとって、デジタル文化はどうしても馴染みにくいですし、浅薄な印象がぬぐえません。せいぜい、昔レコードで聴いた音楽をCDで買い直すとか、大画面の液晶テレビで映画鑑賞するとかくらいしか思い浮かばない人も多いと思いますが。

たくき:最初はそういうところから始めてもいいんですよ。今のテレビってきれいだな、録画も外付けハードディスクつなぐだけでできるんだぁ、便利になったもんだねえ……というレベルから。

 でも、いつまでも受け身ではつまらないでしょ。つまらないだけじゃなくて、知らないうちにデジタルの奴隷になっていても気づかない。そこに安住し続けられるほど今の世の中は甘くないですしね。ようやくパソコンが使えるようになったと思ったら、Windows XPのセキュリティサポートはもう打ち切るから、さっさと買い換えないと何が起きても知らないよ、なんて脅されたりしてね。

──XP問題もひとつの章を立てて解説していますよね。

たくき:はい。僕としてはどうしても許しがたいことだったので(笑)。

──たくきさんは今でもXPですか?

たくき:そうです。この本の原稿もXPパソコンで書いていますし、4月以降も使い続けるつもりです。

──大丈夫なんですか?

たくき:大丈夫かどうかって、なんかそんな風に言われちゃうこと自体が本来おかしなことなんですよね。まあ、どういう風にするかはに書きましたので……。

──読めば分かるよ、と(笑)

たくき:すっきりした解があるわけではないですけどね。考え方としてはこうだよ、ということはかなりていねいに解説したつもりです。XP問題だけでなく、みなさんが知っているようで知らないかもしれないケータイ事情とか、情報やハウツー本として読んでいただいても、結構「ほお~!」って思われることがいっぱい書いてあるんじゃないかと思います。

 あ~、でも、僕としてはやはりその先の、デジタル・ワビサビ論というか、デジタルを使って人生を豊かに楽しむという部分を伝えたいのですよね。それが僕が行き着いた新たな境地でもあるし、この本の売りでもあると思うので。

──「四畳半でもグランドピアノが弾ける」「初音ミクはワビサビに目覚めるか」「マウスで描く水彩画」「コンピュータ制御で作ったストラディバリウス」「57歳で始めたEWI(イーウィ)という楽器」「デジタル時代だからこそ甦った紙芝居」……などなど、目次を見ただけでも興味をそそられる項目が並んでいます。

たくき:このへんが僕の真骨頂だと、編集担当の部長さんにも誉めてもらいました(笑)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら