2014年国会議員の「質問力」ランキング。中間速報1位は塩崎恭久氏、最下位は石原慎太郎氏
2014年の「国会質問力」ランキングを作成中! 〔PHOTO〕gettyimages

国会議員の「質」を評価して、有権者が監視する仕組み

NPO法人「万年野党」では、国会議員の政策と、国会における活動の監視を目的に、様々な取組みを行っており、その一つに国会議員の質問の「質」を評価する『国会議員質問力評価』がある。

有権者にとって、一流の国会議員とは、どのような国会議員だろうか。少なくとも「テレビによく出ている国会議員は一流」という事ではないはずだ。国会議員の本来の仕事を考えると、その中心には、国会における議会活動がある。

具体的に上げれば、立法府としての役割として法案を提出する議員立法、政府や議員が上げてくる法案の審議など、本会議や委員会などでの丁々発止の質問をすることのほか、書面質問を政府に出す質問主意書などがある。万年野党では、これまでもこうした活動の量を客観的データにより評価してきた。

しかし、国会議員の活動評価は、必ずしも量だけでできる訳ではない。そこでさらに国会議員の活動の「質」についても評価していこうというのが、今回の取組みである。

国会議員の活動を調査していくと、現実には、地元のお祭りやイベントには熱心に参加しているものの、こうした国会質問などは全くやっていない、という国会議員も少なくない。地元で有権者の声を聞くことも重要だが、それだけでは、インプットにしかならず、アウトプットのない片手落ちと言わざるを得ないのではないか。

しかし、有権者が国会議員の活動を監視しようと思っても、どこをどのように評価していいかが解り難い。

そこで、「万年野党」では、これまであまりスポットライトの当たらなかった議会での質問に焦点を当て、そこでいかに良い質問をし、政府の政策や予算・法案の問題点をあぶり出し、その改善につなげているか、についての評価を始めた。

例えば、かつて問題になった「消えた年金」は、厚生労働省は当初問題の存在を否定していたが、国会質問によって、徐々に問題が明らかにされ、最後は政府も問題解決に取り組まざるを得なくなった。

有権者になかなか知られない中でも、真面目に、この国や国民のためにと活動している議員もいる。こうした議員の評価を高めるほか、国会議員のあるべき姿の一つを示し、有権者自身が監視している事を伝え、各議員が有権者の目を議会活動についても意識する様にすることで、より本来あるべき議会へと質を高めていけるのではないかと思っている。

こうした思いを込めた一つの取組みが、各国会議員の国会質問の「質」を評価し、ランキングを作ろうという、この『国会質問力評価』だ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら