理系東大生、大手企業の内定を辞退し、起業を選択! 志を育む学生生活とは
就活という規格におさまらない学生たちの革命前夜
鈴木邦和さん(左)と筆者(右)

いよいよ、2014年も4月がやってくる。就職活動も面接シーズンを迎え、ここからが本番だ。

ぼくにはその前に、どうしても会っておきたい人物がいた。
日本政治報道株式会社代表の鈴木邦和さんだ。
東京大学工学部に通う、現役の大学生でもある。

かれは、「有権者と政治家との間のディスコミュニケーションをなくしたい」という想いから起業し、「日本政治.com」というメディアを運営している友人だ。

「日本政治.com」は、質問に答えていくと自分の政治的主張に近い政党を見つけられる「投票マッチング」、国会議員や候補者の経歴や政策が一目でわかる「議員データベース」ほか、ウェブの特質を活かした画期的な機能を備え、2012年の衆院選挙の際には100万人以上の有権者が利用している国内有数の政治サイトだ。

鈴木さんとはこれまでなんども一緒に仕事をした仲だったが、起業の経緯については「自分の志のために大手企業の内定を複数辞退したこと」しか知らなかった。

なぜ、大企業への合格切符を持ちながら、起業というリスクを選べたのだろう。そして、そんなリスクをとってしまうほどに熱い彼の想いは、どこから来るのだろう。にわかには想像しがたい。

ぼくは自分の就活面接前に、その答えを知っておきたいと思った。フリー編集者としての自分と、企業に入ろうとする自分とのジレンマに悩んでいるぼくにとって、鈴木さんが出した答えは必ず参考になるだろうから。

というわけで、起業に至った志がいかに芽ばえたのか。まずはそこを語ってもらうことにした。すると驚くことに、起業プランを具体化できたのは、就職活動中の出来事だったという。

鈴木さんの語る具体的なサービス内容とビジョンは「日本政治.com代表・鈴木邦和『正論で政治は変わらない。いま必要なのは、政治ビジネスのイノベーションだ』」という記事をご覧ください。