[野球]
佐野慈紀「DeNA、9年ぶりのAクラス入りなるか!?」

 いよいよプロ野球開幕まで、あと3日となりました。昨季は田中将大(当時東北楽天)が開幕24連勝を達成し、新人の則本昂大が15勝8敗、防御率3.34という好成績で新人王。そして球団創設9年目にして悲願の初優勝と、楽天の快進撃がクローズアップされました。また、セ・リーグでは小川泰弘(東京ヤクルト)、菅野智之(巨人)、藤浪晋太郎(阪神)の新人王争いも見応えがありましたね。果たして、2014シーズンは、どんな展開となるのでしょうか。キャンプ、オープン戦を見たうえでの、注目どころを挙げたいと思います。

 ルーキー大瀬良、2ケタの可能性

 まずセ・リーグですが、今季躍進を遂げるのではないかと期待しているのが、広島です。昨季は16年ぶりにAクラス(3位)に入り、初めてクライマックスシリーズ(CS)に進出。そのCSでもファーストステージで2位・阪神を破り、ファイナルステージまで進みました。その原動力となったのがキラ・カアイフエです。昨年6月に契約したキラは、7月に一軍昇格し、後半戦は主力のひとりとしてチームに貢献しました。そのキラが今季は開幕からいるということで、打線の軸がある状態でスタートすることができる。これは広島にとって大きいと思います。

 また、投手陣も大竹寛が巨人に移籍しましたが、エース前田健太、3年目の野村祐輔に加えて、オープン戦では乱調だったものの、本来の調子が戻ればブライアン・バリントンが主戦となります。そして、ルーキー大瀬良大地も先発ローテーション入りが確実となっています。

 大瀬良のオープン戦初登板を見ましたが、力のあるいい球を放っていました。何よりも勝負どころで思い切って腕を振ることができる、これが大瀬良の最大の強みと言っていいでしょう。十分に先発として試合をつくることができますから、ケガさえしなければ、最低でも13勝はするのではないかと期待しています。

 だた、最初は先発ローテーションの4、5番目に組み込まれると思いますので、勝ち星もつきやすいとは思います。しかし、活躍次第によっては、いわゆる“表”のローテーションになることも十分にあり得ます。その際、相手の主戦投手と当たり、試合もロースコアでの接戦となる可能性が高くなります。そうなった時に、いかに勝てるか。そのカギとしては、ランナーを置いてからも強みである思い切りの良さを出して勝負にいけるかということになると思います。