格差・貧困
ニッポンは「新・階級社会」になった!【第2部】生活に不満なのはどっち「年収1500万円」都会の共働き夫婦と「年収300万円」田舎の子だくさん夫婦
あなたの常識がひっくり返る

見栄をはるのにウンザリ

「とにかく今は時間がない。朝から晩まで仕事をしていて、一息つけるのは愛車のポルシェでドライブしている時と、趣味のオーディオでジャズを聴く時くらいでしょうか」

笠井伸吾さん(52歳/仮名)は、3年前に20年以上勤めた広告代理店を辞めて、デザイン事務所を立ち上げた。仕事が途切れるのが怖いので、スケジュールはいつも目一杯に詰め込む。今のところ事業は順調で、年収は1500万円を超える。派遣で働く妻(45歳)の収入(約300万円)も合わせると、一人娘を養っていくには、何の問題もない稼ぎだ。

「私は島根県の田舎の生まれですから、幼い頃から自然に囲まれたゆったりとした環境に育ちました。でも、いまは田舎に戻りたいとは思いません。この数十年で日本の地方はすっかり画一化されて、どこを走ってもコンビニやファストフード店ばかり。文化的刺激のないところには、もう住めませんよ」

過疎化やシャッター通りの出現といった地方の衰退が取りざたされるようになって久しい。その結果、東京のような大都会と地方の差はますます広がりつつあるようだ。劇作家の平田オリザ氏は語る。

「とりわけ文化の面で、東京と地方の格差は広がる一方です。私は大阪大学で教員の仕事もしているのですが、地方から出てきた学生を見ていると、受験のための勉強はできてもアートや映画の楽しみ方がわからないといった子たちが多い。都会と地方の『文化格差』は歴然としています」

週末ともなれば、家族で歌舞伎見物に出かけたり、ミシュランの星付きレストランで食事をしたりする笠井さん一家の住まいは、東京都江東区東雲にあるタワーマンションだ。数年前に6000万円で購入した。

「海が見える良い部屋です。ところが最近、もっと上の階の少し広い部屋が空いて、売りに出ている。売値は7500万円なんですが、妻が『買い替えたい』とうるさいんです」(笠井さん)

数百戸の物件が入るタワーマンションには、同じ建物内でも明確な「ヒエラルキー」がある。より上層階でグレードの高い部屋に住むことがステータスで、近所づきあいの活発な奥様たちのあいだでは、住んでいる部屋によって「カースト」が形成されるのだ。

「高級な部屋に住んでいるところの子供は、進む学校のグレードも高い。うちの娘も私立中学の受験を控えていますから、妻はもっといい物件に移りたいのでしょう。しかし、納戸のような狭い部屋が一つ増えるだけで、1500万円も値段が違う。田舎だったら立派な家が建ちますよ。そんな見栄の張り合いにはうんざりさせられますね」

山形県酒田市に暮らす山本辰夫さん(42歳/仮名)は、最近見栄を張ることがすっかりなくなったという。山本さんは山形の高校を出た後、都内の大学に進学。卒業後は非正規の職に就いたが、35歳になったのを機に家族とともに故郷に戻ってきた。帰郷後はスーパーの副店長(正社員)として働いている。

「年収は350万円。東京だと新入社員程度の稼ぎかもしれませんが、実家に住んでいるので、不足はありません。家族構成は母と専業主婦の妻、子供4人です。上から3人が女の子で、真理亜、亜久亜、楚仁亜と名付けました。ちょっと派手かもしれませんが、今どきこれくらいじゃないと目立ちません。4人目で男の子(瑠夏)が生まれたときは、本当にうれしかったですね。毎日、子供を風呂に入れるのが日課ですよ。

本音を言えば、東京に戻りたい時期もありました。でも今の仕事は正社員だし、収入は減っても、生活レベルは地元に帰ってからのほうが上がりました。それに今はインターネットでなんでも簡単に手に入ります。たまに2時間くらいかけて仙台まで出かけることもありますが、都会に行く必要性はほとんど感じませんね」

たしかにインターネットのおかげで、都会と地方の格差が縮まった面もあるだろう。

「最近では実家があるわけでもないのに、田舎や地方都市で暮らしたいと考える人が増えてきています」

こう語るのは、都会から地方への移住をテーマにした季刊誌『ターンズ』の編集長、坂本二郎氏だ。

「とりわけ若い世代の都市生活者を中心に、地方での暮らしに新しい価値を見出す人たちが増えています。一つのきっかけは東日本大震災でしょう。都会の暮らしがいかに不安定であやういものかを実感し、稼ぎが少なくてもコミュニティがしっかりしていて、生きている実感を持てる暮らしを志向しているのです」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら