格差・貧困
ニッポンは「新・階級社会」になった!【第1部】金持ちや高学歴の人が幸せなわけじゃない 高卒ヤンキーの「幸せ」と海外移住するエリートの「不幸」
あなたの常識がひっくり返る
〔PHOTO〕gettyimages

ますます富めるエリートと、ほどほどの生活に満足感を覚えるヤンキー。決して越えることのできない「価値観の壁」が、この国を分断しつつある。

「取り残される」のが怖い

3月だというのに、常夏の国シンガポールでは燦々と陽光が降り注いでいる。中島俊二さん(45歳/仮名)は、中庭のプールではしゃぐ子供たちの声を耳にしながら、ノートパソコンに向かって株価をチェックしていた。

「この国では、ほとんどの集合住宅にプールがついています。子供を自由に遊ばせていても、メイドが見ていてくれるから安心できます。たいていの物件には女中部屋があって、フィリピンやミャンマーから出稼ぎに来るメイドを雇う人が大半ですよ」

部屋を見せてもらうと、メイドのスペースと居住者のスペースは鍵のかかるドアで仕切られており、旅行で長期間留守にするときや、知られたくない来客があるときなどは、プライバシーを確保できる構造になっていた。女中部屋も含めて100m2ほどの物件で、家賃は約50万円だ。

中島さんは3年前、東京で経営していたIT企業の拠点をシンガポールに移し、夫人(36歳)と一人娘(4歳)と共に引っ越してきた。法人税が安いことや、成長著しい東南アジアの中心にあることなど、移住の利点はいくつもあったが、決め手になったのは「相続税が存在しないこと」だった。

「これから高齢化を迎えて、無駄な税金ばかり払わされることが目に見えている日本にいても仕方がないと感じたんです。今はアベノミクスだ、東京五輪だと騒いでいますが、長期的に見て日本という国の経済が立ちいかなくなることは明らかです。まともな成長戦略も立てられない国に残って資産をむしり取られるくらいなら、海外に飛び出したほうがいい」