ロボットキット「RAPIRO」に見るクラウドファンディング活用とものづくりの可能性---機楽株式会社CEO石渡昌太氏
機楽株式会社CEO 石渡昌太氏

3月23日(日)、ものづくりの現状と未来を考えるイベント「fabcross Meeting Vol.1」が開催された。3Dプリンタやロボット開発、クラウドファンディングなど、ものづくりに関して、様々な切り口でトークセッションが行われた。

この記事では、「CES2014からみるものづくりのこれからと機楽の挑戦」と題した、機楽株式会社CEO 石渡昌太氏のセッションをお伝えする。

石渡氏は、世界最大のクラウドファンディングサイト「Kickstarter(キックスターター)」で資金調達に成功したロボット工作キット「RAPIRO(ラピロ)」を開発しており、世界最大の国際的家電・コンピューター展示会CES 2014にも出展。

セッションでは主にクラウドファンディングを活用したものづくりの可能性、そしてCES 2014に出展して感じたことなどを語った。

機楽は石渡氏1人の会社で、大手の家電メーカーや自動車メーカー、おもちゃメーカーから依頼を受けて、試作品の開発をしたり、広告代理店のプロモーションの際に一品ものをつくったりと、様々な分野におけるデザインや技術開発を行っている。例えば、脳波で動くネコミミ「necomimi」は有名なプロダクトの一つだ。