起業におけるデジタル化の波
『現代ビジネスブレイブ リーダーシップマガジン』---リチャード・ブランソン「世界を変える経営」より
〔PHOTO〕gettyimages by Thinkstock

IT未経験者が起業を目指すには?

【質問】 私は18歳の学生です。大学へ通いながら自分のビジネスも立ち上げるつもりです。しかし最近、多くの起業がテクノロジーを基盤としていることに気づきした。自分にはコンピュータープログラミングの経験がありません。起業家になる夢をかなえるにはどうしたらいいでしょうか。(シャウリャ・ジャイン)

――ブランソン: シャウリャさん、起業に熱中し、しかもすでにもっとも有望な分野を調査しているなんて、実に素晴らしいことです。ロンドン東部のテックシティやシリコンバレーのようなテックハブは、起業家への道を歩むあなたのよう人々を世界中から引き寄せています。

あなたのアイデアや興味のある分野については触れられていませんが、ITの起業はどの産業にも見られます。しかしおそらく、まだそこまでは進んでいないと思いますので、初歩的なことから説明します。

もしあなたが、プログラミングを基礎とするようなアプリやビジネスで起業したいのなら、在学中にその基礎をマスターすることには意味があります。コーディングの学習はかつては面倒でしたが、今はその過程を簡略化できる選択肢がたくさんあります。

私が投資している会社の「Codecademy(コードアカデミー)」では、簡単に一連のプログラムのモジュールを学べるユーザー主導型の学習方式を提供しています。ほかの解決方法として2、3挙げるとすれば、「Udacity(ユダシティー)」や「Girl Develope It(ガールディベラプイト)」、「Code Racer(コードレーサー)」などもあります。どの道、これらのスキルはあなたの強みとなります。ヴァージンでは、従業員にコーディングをするよう奨励しています。ますます重要になってきたスキルだからです。

コーディングの才能がない場合でも、ほかの方法があります。そういう才能がある同僚と一緒に仕事をすればいいのです。その間あなたは、自分の秀でている分野のスキルを磨くことに専念します。たとえば、起業家精神に興味があるなら、ビジネスを立ち上げる方法の基礎を勉強させてくれる組織に加わるという手もあります。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら