ライフ/スポーツ


[裏方NAVI]
広瀬勇人(スキーブーツチューンナッパー)<後編>「パラリンピアン小池岳太への期待」

 9日間にわたって熱戦が繰り広げられたソチパラリンピック。日本選手団は金3、銀1、銅2の計6個のメダルを獲得した。パラリンピックはオリンピック同様、4年に一度の大舞台、そして厳しい勝負の世界だ。メダル獲得に喜ぶ選手がいる一方で、悔しい結果に終わった選手もいる。アルペンスキー立位カテゴリーの小池岳太もそのひとりだろう。滑降と回転は途中棄権。スーパー大回転と大回転は9位。スーパー複合は10位。表彰台を目指していた小池にとって、決して納得のいく結果ではなかったはずだ。しかし、スキーブーツチューンナッパー広瀬勇人の小池への期待は少しも薄らいではいない。「岳太への期待は今にとどまらず、まだまだこれから」と可能性を感じているからだ。そこには、チューンナッパーだからこその視点がある。

 広瀬が小池に初めて会ったのは、今から12年前のことだ。当時、広瀬はブーツチューンナップも手掛けるコーチ兼スキーレーサーとして、野沢温泉(長野県)の北竜湖を拠点とするチームによく顔を出していた。そのチームに大学生の小池が入ってきたのだ。小池は前年に交通事故に遭い、左腕は麻痺で自由がきかなくなっていた。高校時代からサッカー一筋だった小池だったが、その年の冬からパラリンピックを目指して本格的にスキーを始めたのだ。

「正直言って、へたくそでしたよ(笑)」
 そう言って、広瀬は当時のことを振り返った。
「今ではとても想像できないほど、バランスも悪かったし、遅かった。でも、すごくマジメで根性がありました。それは今でもまったく変わらないですね」

 右手だけの片手ストックのために、左右のバランスをとるのに苦労していた小池に、広瀬は出来得る範囲でのアドバイスをしたという。最初の頃の小池は、どうしても麻痺した左腕に対しての意識が強かった。そこで広瀬は、肩や下半身といった健常な部分をどう使うかに意識を持つことを提案した。
「本人としては、左腕をどうカバーしようかということを一番に考えてしまっていたと思うんです。もちろん、それは大事なことではありますが、それ以上に使える部分をちゃんと有効に使うことの方が重要なんじゃないかなと。結果的に麻痺している左腕を補おうとしていた動きが、バランスを崩す原因になっていたり、ということに気づくこともあったようですね」

「失ったものを数えるな。残されたものを最大限にいかせ」とは、多くのパラリンピアンたちの信念となっている言葉だ。広瀬が小池に伝えたのは、まさにこういうことであろう。
「障害のことに気を遣いすぎて、本質的な部分を伝えることができないというのは、あまり意味がないことだと思っているんです。僕は岳太に対して、彼が左腕が使えないことを口にしないようにという遠慮はしません。だからこそ、『あぁしてみよう、こうしてみよう』という提案ができるし、岳太とも信頼できる仲になれていると思います」