オルタナティブな若者たち
2014年03月28日(金) 池田真隆

かわいい防災グッズ、20代女子たちが考案

upperline
防災をテーマにしたセミナーに登壇する田中さん

折りたたみ可能なパンプス、緊急用品が入ったポーチ---開発したのは、若者の防災意識を高める啓発活動を行う「防災ガール」たちだ。

大学生や社会人の20代女子を中心に、全国に50人ほどいる。任意団体だが、立ち上げ1年間で企業や地方行政から計50件ほどの協力依頼が来て、じわじわと防災業界で注目を集めている。

防災ガールは、2013年3月11日に立ち上がった。立ち上げたのは、フリーで個人向けコーチング事業を行う田中美咲さん。企業や行政から防災関連事業に、20代女性の感覚を取り入れたいと、週に1件の割合で依頼が来る。

今年3月には、ホームセンターの東急ハンズと組み、横浜店で防災グッズの手作りワークショップを開催した。さらに、高知の地域ブランディング事業を行うトレードマーク高知と組み、防災ガールのオリジナルブランド「SABOI(サボイ)」を立ち上げた。

次ページ サボイでは、災害時の避難方法や…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ