[陸上競技]
白戸太朗「人生はマラソンだ!?」

 近頃は、国内はどこもマラソン人気。大会も参加者も相当数増加し、いずれも盛況だ。データによると2006年から12年の6年間でランナー人口は400万人増加し、1000万人を超えているという(笹川スポーツ財団発表)。アメリカにおいても同様の傾向が見られ、00年には800万人程度だったのが、12年では1500万人を超えたと言われている(Running USA発表)。つまり、少なくとも日本国内においては10人に1人程度は走っているわけで、乳幼児や、高齢者を除くと、その割合はかなり高いことがわかる。確かにどこに行っても、走っている人に会わないことはないというくらいだ。

 長距離走のいいところは、どんな人でも時間をかけて練習を重ねれば、走れるようになるということ。年齢、性別、運動経験に関わらず、じっくりと取り組めばそれなりの距離を走れるようになる。もちろん、速さや上達度合いは個人差が大きいが、とにかく走れるようになるということには間違いない。取り組む側としては、これほど嬉しいことはない。やはりやったことの効果がはっきりと実感できると、人間というのは幸せな気分になる。つい数か月前までほとんど走れなかった自分が、普通に30分走り続けられるようになる喜びは何事にも代えられない。たとえ、肥満や老いを感じつつ、走り始めたとしても、そんなことより走れる自分が楽しくなってくるというのはよくある話。だからこそ、「走る」という行為は止められなくなり、継続率が高い。そう、どんな人だってやればできるのだ。

 でも、実際にマラソンに出てみるとそう簡単にはいかない。練習しないととても完走などできないのはもちろんだが、練習したからといって、完走できるとは限らない。例えば実力以上にペースを上げ過ぎると、そのしっぺ返しは確実に後半にくるし、給水やエネルギー補給を怠ると、そのツケは確実に払わされる。そんなことを考えると、やることが多すぎて神経質になってしまうのだが、意外と適当にやっていたほうが上手く行くこともあったりする。単純だが、なかなか複雑なスポーツだ。走っている途中、苦しくなることもあれば、不思議と楽しくなってくることもあり、必ずしも調子やモチベーションは一定ではない。そこが本当に一筋縄ではいかず、「マラソンは人生のようだ」と表現されることが多い所以である。まぁ、楽になる瞬間があることを知っているからこそ僕たちは、苦しくても我慢できるのだが……。