[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「先発投手、急募!」

熾烈な三遊間のレギュラー争い

 オープン戦も本格化し、野手は各選手とも、いいアピールができています。新加入のメンバーがレギュラー争いに参戦し、既存の選手とお互いに刺激し合っているのが、好循環を生んでいるのでしょう。

 特に三遊間の争いは熾烈です。現状は新外国人のジョー・ウィルソンが守備範囲も広く、バッティングでもアベレージが残せそうですから、ショートの一番手でしょう。ただ、4年目の松嶋亮太や、新人で地元出身のルーキー増田大輝にもポジション獲りの可能性は十分にあります。

昨季はリーグ2位の打率.332をマークした大谷。

 さらに昨季まで外野手だった大谷真徳が本人の希望でサードに転向することになりました。まだまだ内野手としては勉強する部分が多いとはいえ、彼もバッティングはいいものを持っています。三遊間を、どう組み合わせるか、開幕してからも、いい意味で頭を悩ませる日々が続くでしょう。

 一方、同じ悩みでも投手陣に関しては頭が痛い状態です。最大の理由は先発不足。ここまでは先発を見込んで起用した投手が、結果を残せず、決め手を欠いています。前回、先発の第一候補として紹介した福岡一成は、やはり短いイニングのほうがピッチングが安定し、ストレートもアピールできるようです。先発起用の条件だった変化球の習得も間に合わなかったため、今季も中継ぎで経験を積ませます。

 また新人の浅田俊平も故障で開幕には間に合わず、海外トライアウトで獲得したアヤラ(ダニー・フェルナンド・クルス)もウイニングショットがなく、先発では難しいかもしれません。現時点では誰ひとりとしてローテ入りが確定している選手がいないのが実情です。