社会保障・雇用・労働
駒崎弘樹「ベビーシッター宅での2歳児死亡事件についての解説」
認定NPO法人フローレンス代表理事

悲しむべき、痛ましい事件が起きました。自ら、病児保育や小規模保育を行う事業者として、そして国の審議会において制度立案に関わる立場として、再発を防ぐべく、今回の事件を解説します。

事件の概要

2歳と8ヵ月の子どもを育てる20代のシングルマザーが、ベビーシッターのマッチングサイト「シッターズネット」を使い、男性シッターに泊まりがけの保育を3月14日に依頼したところ、お迎えのタイミングで連絡がつかなくなり警察に連絡。警察が3月17日、埼玉県富士見野市のベビーシッターが保育室として使っているマンションの1室に入った所、2歳の子どもが亡くなっていて、8ヵ月の子どもは無事保護された、というもの。

なぜこのような痛ましい事件が起きてしまったのか。背景や構造を見てみたいと思います。

ベビーシッター業界のしくみ

ベビーシッターという自宅において子どもを保育者が預かるサービスは、主にベビーシッター企業によって提供されています。業界団体加盟企業だけで100社。加盟していない企業も合わせると、全国で500社程度あるのではないかと言われています。

企業は保育士や無資格の子育て経験者等をベビーシッターとして雇用、もしくは請負契約を結びプールする一方で、顧客である利用者を募ります。利用者は登録を行い、利用したい時に企業に連絡をし、企業は自社で抱えるベビーシッターを派遣します。

ベビーシッターの時給は東京では800円~1,200円程度が相場。マンツーマンなので、この時給がそのまま価格に反映されます。よって、ベビシッター料金の相場(東京)は1,600円~2,300円/時程度。上乗せ分は、企業がシッターを採用・研修する経費や、本部スタッフや管理費に充当されます。この他入会金や年会費等が必要になる企業も多いです。