経済の死角

オバマも安倍も吹っ飛ばされた プーチンが「世界経済」の支配者になった

2014年03月18日(火) 週刊現代
週刊現代
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

屈強で、狡猾な男であることは誰もが知っていた。しかし、こうも強引かつ鮮やかなやり方で、世界の行く末を手中に収めてしまうとは。私たちは、彼のことを見くびっていたのかもしれない。

もう誰にも止められない

ウクライナ南東部、黒海に突き出たクリミア半島。その最南端・セヴァストポリの岸壁には、無数の弾痕が刻まれている。ここでロシアは、19世紀にはオスマン帝国と、20世紀にはナチスドイツと死闘を演じた。

21世紀。世界は三たび、固唾を呑んでこの地を見守っている。

ロシアの最高権力の座に就いてはや14年。プーチン大統領は今、ワイングラスをゆったりともてあそぶかのように、黒海を手のひらに収める。61歳にしてなお逞しい背中を玉座にあずけ、灰色の瞳で見据えるのはウクライナだけではない。慌てふためくEU諸国、大西洋の向こう側で、何もできずにいるかつての宿敵・アメリカ、そして茫然とするばかりの日本—。

世界の命運は彼に握られた。

「今回の騒乱は、プーチンによる最高難度の応用問題と言えます。あまりに多くの要素が、複雑に絡み合っている。日本では安倍総理をはじめ、官邸も外務省も、事態の全体像を総合し、有効な対策を立てることができていないようです」

元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏はそう話す。

ウクライナ国内に完全武装の兵士を1万6000人も送り込みながら、「あれはロシア軍ではない」と言い放つプーチン。ロシア上院が派兵を全会一致で承認した直後の3月1日、アメリカのオバマ大統領は青いシャツの袖をまくり、大統領執務室でクレムリンへの直通ダイヤルを回した。

次ページ だが1時間半後、受話器はため息…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ