[サッカー]
田崎健太「エリアス・ザクーとの邂逅」

~伝説の代理人vol.3~

 ブラジルサッカー界の闇をもっとも知る男――エリアス・ザクーと親しく付き合った人間の1人が、三浦知良の父・納谷宣雄だ。納谷は日本で最初のサッカー代理人の1人として数多くのブラジル人選手を日本のクラブに紹介していた。

伝説の男へのアポイントメント

空港到着寸前、飛行機の中から見たリオの街

 日本で生活していると気がつきにくいが、その国のリーグの価値は「貨幣価値」に直結する。かつて日本の円は強く、ブラジルの通貨、もしくはドルに換算するとその価値がさらに上がった(少し前、ロシアリーグに多くのブラジル選手が向かったのも同様の理由である)。加えて、日本のクラブはブラジルのクラブと違って近代化されており、給料遅配がない。そのため、Jリーグのある日本は夢の国だったのだ。

 地球の裏側の光り輝くリーグの窓口である納谷を、多くのブラジル人選手が頼った。納谷は自然と送り出す側、つまりブラジルの代理人であるザクーと親しく付き合うようになった。
 納谷はリオ・デ・ジャネイロにあるザクーの自宅に招待されたことがあった。彼の家は、納谷の言葉を借りると「まるで船に乗っているような」美しい海が一望できる一等地にあったという。そして、ザクーは競走馬も多く所有していた。
「ザクーはブラジルで一番の馬主だよ。ブラジルだけでなく欧州でも馬を所有している、ものすげえ大金持ちだ」
 と教えてくれた。

 ぼくがブラジルの協力者に頼んで、ザクーに連絡をとったのはジーコ率いる日本代表がドイツW杯で惨敗を喫した後、2006年夏のことだった。
 ザクーは、リオの他に、欧州にも自宅を持っており、ブラジルにはほとんどいないという。それでも留守宅を預かっている人間は、取材の申し込みをザクーに伝えると約束してくれた。

 何度か連絡を入れると、ザクーは取材に応じてもいいと話している、という返事が来た。「これは行くしかない」。彼がブラジルに戻る日時を確認し、他の取材日程を調節してブラジルに入ることにした。

 同年11月、サンパウロに着いて、旧知のブラジル人「ジャーナリストにエリアス・ザクーと会うことになった」と話すと、「嘘だろ」と首を左右に振った。
「お前は若いのに良くザクーなんか知っているな。今の若いブラジルのジャーナリストは知らないよ。ただ、彼に取材するなんていうのは何かの間違いだろう? 取材に応じるはずがない。彼はメディアが大嫌いなんだ。写真もほとんどない」
 嫌な予感がした。そして、危惧していたことが起こった。