関谷英里子プレミア・リンクス社長
「違いを超えて、人と人とをつなげるコミュニケーションを」

株式会社プレミア・リンクス
代表取締役社長・関谷英里子(せきや・えりこ)さん

神奈川県生まれ。幼少期をイギリスで過ごす。慶應義塾大学経済学部卒業後、伊藤忠商事入社。日本ロレアルを経て、キャタルの創業に参画。2008年独立しプレミア・リンクス創業、同社通訳事業部として日本通訳サービスをスタート。アル・ゴア元米国副大統領、ノーベル平和賞受賞ダライ・ラマ14世、ヴァージン・グループ創設者リチャード・ブランソン氏、ファイスブック創業者マイク・ザッカーバーグ氏など一流講演家の同時通訳を務める。2011年よりNHKラジオ「入門ビジネス英語」講師。「えいごのもと―60単語で「イメージ力」を身につける」(新刊)、「えいごのつぼ」、「カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳」など著書多数。
ツイッター:@erikosekiya
ブログ「一流講演家の同時通訳者、関谷英里子の日誌

これから楽しみな素敵な女性起業家の方に経営コンサルタント・多摩大学客員教授の本荘が話をうかがう本連載の第十三回目は、通訳サービスと英語教育を提供し、自身がカリスマ同時通訳者である株式会社プレミア・リンクスの関谷英里子社長の登場です。

ちなみに、関谷さんは2007年から、筆者がコンテスト審査員などを務めるIT・ネット系を中心とする日本最大の起業家・ベンチャー企業のカンファレンスInfinity Ventures Summitで通訳の采配を振るっており、プロフェッショナルとしての仕事の質はもちろん、単なる通訳を超えた人物として、その生命エネルギーの豊かさとともに注目してきた。

違いを超えて、人と人をつなぐ

いまは通訳エージェントと英語教育をやっています。2008年の終わりに会社を創ったとき、人と人をつなぐ仕事をしたいと思い、通訳に限らず何でもできる社名にしました。マーケティングのため事業名は「日本通訳サービス」にしました。お陰様で、このウェブサイトは検索で上位に出てきます(例えは「日本 通訳」や「通訳サービス」ではトップか二位に表示される)。通訳に加え、プレゼン資料の翻訳等も受けていますが、ビジネス関係や著名人、講演会、カンファレンスの通訳が主です。

ひとつひとつの仕事が次につながってきました。日本企業のお客様と外資系企業とのミーティングに行って、帰る際に相手の外資企業から次からウチにも来てくれないかと言われたり。仕事をちゃんとやると、それがプロモーションになります。

たまたま英語の講演を同時通訳したとき、反応がすごくよかったんです。「講師があたかも日本語をしゃべってるように感じた」と言っていただきまし た。言語、性別、タイミングなどの違いを超えて、聞いてる人としゃべってる人の気持ちをつなげる、そういうことが私は得意なんだなと、そのときに気づきま した。